ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > セブン-イレブン・ジャパンとNEC、コンビニエンスストアの電力見える化に最適な「インテリジェント分電盤」を共同開発

NECとセブン-イレブン・ジャパン、
コンビニエンスストアの電力見える化に最適な
「インテリジェント分電盤」を共同開発

2012年3月6日
日本電気株式会社
株式会社セブン-イレブン・ジャパン

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 遠藤信博、以下、NEC)と株式会社セブン-イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高執行責任者(COO):代表取締役社長 井阪隆一、以下、セブン-イレブン)はこのたび、コンビニエンスストア等の店舗の"電力見える化"に最適な「インテリジェント分電盤」を共同で開発しました。

当分電盤は、業界トップクラスの最大誤差3%以内の高精度で電力量を計測できる「スマートコントローラ」を内蔵し、空調、冷凍室外機、調理器等各種設備の電力量をリアルタイムに計測し、"見える化"します。また店舗内に設置したサーバや各種設備とのデータ通信インタフェースを搭載しており、収集した電力データに基づいて省エネ対策を立案することが可能です。すでにセブン-イレブンの一部店舗へ試験導入済みであり、今春以降、順次全国の新店へ導入していく計画です。

24時間365日営業のコンビニエンスストアでは、お客様へのサービス品質と省エネの両立が課題となっています。NECとセブン-イレブンはこれまで、店舗の電力使用量の見える化による業務の改善等について共同で実証実験等を行ってまいりました。当分電盤は、これらの取り組みで得た経験やノウハウを活かして開発されたものです。

今後、NECは、今回開発したインテリジェント分電盤をベースに製品化を行い、コンビニエンスストアだけでなく、一般企業やデータセンター事業者等にも幅広く拡販をしていく計画です。

セブン-イレブン・ジャパンは、今後太陽光発電システム等を備えた環境配慮型店舗の拡大により循環型社会実現の貢献に努めていく計画です。NECは、セブン-イレブン・ジャパンの重要パートナーとして、店舗システムから環境対策まで幅広く支援してまいります。

インテリジェント分電盤の外観および内部は、PDF別紙を参照ください。
なお、NECは当分電盤を3月6日から3月9日まで東京ビックサイトにて開催中の「リテールテック JAPAN」に展示します。

以上

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 応用アプライアンス事業部
電話: 042-333-6490
Eメール: eco@aap.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.