ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、宮城県亘理町で「まちづくりコミュニティ形成支援システム」のテスト実施

NEC、宮城県亘理町で地デジ対応TVを活用した
「まちづくりコミュニティ形成支援システム」のテストを実施 ~ スマートコミュニティ実現に向けた支援を加速 ~

2012年3月8日
日本電気株式会社

NECはこのたび、宮城県亘理町において、地域のコミュニティ形成支援や情報格差解消、さらに新しいまちづくり支援を目的に、地上デジタル対応テレビを活用した「まちづくりコミュニティ形成支援システム(愛称:絆チャンネル)」のテストを実施します。
このたびのテストは、亘理町 宮前地区の仮設住宅85世帯を対象に、来年3月末まで実施する予定です。

被災地の再生と新しいまちづくりには、様々な行政区等から集まった住民同士が、生活基盤として新たな「絆」を深め強め合うことが非常に重要です。また自治体など公的機関からのお知らせを、住民に確実かつタイムリーに伝える手段の確保が課題となっています。

NECでは、こうした課題を解決し、被災地復興と新しいまちづくりへの貢献の一環として、亘理町およびNPO法人 ICA文化事業協会(理事長:佐藤静代:注1)の協力のもと、「まちづくりコミュニティ形成支援システム」のテストを行なうことになりました。

「まちづくりコミュニティ形成支援システム」は、住民にとって役に立つ生活に密着したコンテンツを、自治体や住民が自ら制作し、超小型送信ユニット(※PDF別紙参照)を活用して、簡単な操作で各世帯の地デジ対応TVに配信するものです。コンテンツは家庭用ビデオカメラとPCで簡単に制作することができます。また、誰もが日常的に利用しているテレビでコンテンツが視聴できるため、高齢者や子供も含め住民全員が参加でき、情報格差のないコミュニケーションや情報共有を実現することができます。

このたびのテストは、実用化に向けた運用検証を被災地で行うものであり、主な内容は以下のとおりです。

  1. 住民の紹介、或いは住民主催の娯楽や朝市などのイベント情報・様子など、住民同士の親睦を深めるコンテンツや、子育て情報、防災防犯情報など、身近な生活に密着したコンテンツを住民自らが作り配信することで、新たなコミュニティづくりの促進や高齢者の外出意欲の向上などを実現する。

  2. 自治体など公的機関からの重要なお知らせを、住民に正確に配信する。また、記事の読み上げと画像と動画を活用することで、高齢者や視力・聴力が弱った方に対しても確実な情報伝達を図る

  3. 病院や保健所からのお知らせ、栄養管理士による料理番組、保健指導員や生活習慣指導員などによる健康情報や健康体操などを配信することで、住民の健康増進や病気の予防などを支援する。

NECでは、このたびのテストを通じて「まちづくりコミュニティ形成支援システム」の実用化を推進するとともに、他の被災地への本システムの展開をはじめとする被災地復興に貢献していきます。さらに、被災地復興の課題解決のみならず、今後の地域自律型・住民本位の地域コミュニティ形成や、高齢化社会の地域の「絆」を強め、豊かで安心して暮らせる、新たな生活基盤・社会基盤となるスマートコミュニティの確立に取り組んでいく考えです。

「まちづくりコミュニティ形成支援システム」の導入イメージについては、PDF別紙をご参照ください。
また、NECイノベーションワールド(注2)に、「まちづくりコミュニティ形成支援システム」を本年2月から展示しています。

以上

(注1) (注2)

東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー7階、8階

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 復興支援推進室
電話: 022-267-8744

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.