ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 住友生命の新営業端末にNECのスレートPC 40,000台を導入

住友生命の新営業端末にNECのスレートPC 40,000台を導入 ~ お客さまとのコミュニケーションを充実し、営業活動を改革 ~

2012年3月13日
日本電気株式会社

NECは、住友生命保険相互会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:佐藤義雄、以下 住友生命)における営業職員(スミセイライフデザイナー)用の新携帯端末として、40,000台の専用スレートPC(注1)を納入します。
住友生命では、2012年7月から全国約3万人の営業職員が本スレートPCの利用を開始します。

住友生命では従来から、営業力強化の一環として専用のモバイルノートPCを営業職員が利用していました。このたび、営業職員によるお客さまへの対面コンサルティングの一層の充実や持ち運びなど利便性向上を目指し、既存資産の有効活用も可能なWindows(R)ベースのスレートPCの採用に至りました。

新端末は、スレート状の本体に12.1型のタッチパネル液晶を搭載し、ペン入力による使いやすいインターフェース、軽量、薄型、長時間駆動を実現しています。
また、LTE(注2)サービスに対応し、営業職員が外出先から高速通信網を介してセンターサーバ内のお客さま情報にアクセスする仕組みとなっています。

住友生命は、「あなたの未来を強くする」という企業メッセージを柱とした新しいコーポレートブランドを展開しており、このたびの新端末の導入は、お客さまへのコンサルティングの充実を図ると共に、お客さまサービス向上を目指す取組みの一環として導入するものです。

住友生命の新端末の主な特長は、次のとおりです。

  1. お客さまにとっての情報の見やすさと営業職員の利便性向上を目指し、大画面・薄型・軽量を実現
    1. 斜めや横からも見やすく、12.1型の広視野液晶(視野角約80°)を採用。ペン入力に適した抵抗膜方式のタッチパネルを搭載し、付属のペンや指でドラッグやクリックなどの操作が可能。
      画面表示内容をより際立たせる黒ベゼル(液晶の外枠)を採用することで、利用者が表示内容に視線を集中しやすい環境を実現。また、画面の回転や拡大・縮小もボタン1つででき、一緒に画面を見ながらの説明など、営業職員がお客さまにコンサルティングしやすい機能を搭載。


    2. 大容量バッテリ(駆動時間約8時間)を搭載し、外出先での長時間利用が可能。また、背面になだらかな曲面を採用したスタイリッシュな筺体デザインと薄型(約9.8mm、注3)・軽量化(約945g)により、持ち運びやすさを実現。


    3. 営業職員が主に事務所内での業務において文字入力をしやすいUSB接続の専用外付け軽量キーボードを用意。従来のモバイルノートPCの操作性(キー配列、キーピッチ)や利便性を継承している。
      また、USBケーブルをキーボード本体に巻きつけ収納することができるなど、持ち運びやすさも配慮している。また、液晶画面を保護するため、専用のスタンド機能付きキャリングケースも用意。


    4. 従来から活用していたWindows(R)対応のアプリケーション(保険商品提案・契約・アフターサービス・Eメールなど)やデータ資産を継承できるため、営業職員が利用していたモバイルノートPCから新端末にスムースな移行が可能。

  2. LTE対応機能を搭載し、高速なレスポンスを実現
    新端末本体に、無線LANおよびNTTドコモのLTEサービス対応機能を内蔵。生保業界初のLTE対応機能を搭載した営業職員用携帯端末を3万台以上導入し、各種手続きに必要なお客さま情報をスピーディに取得することが可能。2系統のアンテナから電波状況の優れたアンテナの信号を優先的に用いる「ダイバシティ方式」のアンテナを採用し、安定した通信環境での高い利便性を実現。

  3. 金融機関ならではの高度なセキュリティ機能により、個人情報保護を徹底
    新端末内には顧客データを保存しない仕組みにするほか、営業職員一人一人が端末認証用USBキー(端末と一意に紐付けられた端末認証用USBトークン)を所有し、新端末にそのUSBキーを装着した上でID・パスワードを入力しないとシステムが利用できない仕組としている。

尚、NECは、このたびの住友生命向け専用スレートPCを汎用化したモデルを、「VersaProシリーズ」として販売する予定です。
また今後、様々なニーズに対応可能なスレートPCを開発・製品化を進め、顧客企業の業務改革に貢献していきます。

以上

(注1)

板状の本体表全面にタッチパネル式ディスプレイを搭載したモバイル端末

(注2)

LTE:Long Term Evolution。新たな携帯電話向け高速無線通信規格。
NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」サービスを利用。
受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbps(*)
(*) Xiエリアの一部に限ります。
対応エリアの詳細は、ドコモのホームページでご確認ください。通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。最大通信速度は機種により異なります。

(注3)

最薄部分が約9.8mm

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

住友生命プレスリリース
PDF: PDFhttp://www.sumitomolife.co.jp/news/120313b.pdf

本件に関するお客様からのお問い合せ先

NEC 金融ビジネス推進本部
電話: 03-5746-3882
Eメール: webstaff@fsp.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.