ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、M2Mソリューション「CONNEXIVE」に回線提供サービスを追加

NEC、M2Mソリューション「CONNEXIVE」に回線提供サービスを追加

2012年3月15日
日本電気株式会社

<新製品に関する情報>

M2Mソリューション CONNEXIVE 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/solution/m2m/

NECは、M2M(注1)ソリューション「CONNEXIVE」において、新たにモバイル回線などを利用した回線接続を提供するサービス(回線提供サービス)を追加しました。本サービスは、本日から販売を開始し、4月2日から提供可能となります。

本サービスは、「CONNEXIVE」において、システム基盤をクラウドで提供する「CONNEXIVEクラウドサービス 基盤提供サービス」の基本メニューとして追加します。
「同 基盤提供サービス」は、M2Mサービスを支えるシステム基盤に求められる、接続機器の認証・制御機能、各機器からのデータ収集・蓄積機能などを通信事業者や企業へクラウドサービスとして提供するものです。今回、回線提供サービスを基本メニューに加えることで、NECはサービス、デバイス、回線が利用可能なM2Mサービスを、世界170ヶ国以上においてワンストップで提供可能となります。
これにより、企業はデータセンターへの専用回線を別途開設することなく、すぐにM2Mサービスの利用が可能となります。さらに、NECが今後、複数の通信事業者と協業していくことで、ニーズにあった最適な回線サービスを利用できるようになります。

今回の回線提供サービスを追加した「CONNEXIVEクラウドサービス 基盤提供サービス」の利用料金は、下表の通りです。

サービス名称 利用料金
基本サービス 基本使用料:50万円~/月
<オプション>
データ蓄積追加サービス
個別見積

また、回線提供サービスの開始にあわせて、数多くの通信事業者のシステム構築のノウハウを活かした、「世界各国における通信事業者選定やネットワーク機器認証支援」などのコンサルティングサービスも「CONNEXIVEサポートサービス」のメニューの一つとして、提供を開始します。

NECはCONNEXIVEを継続的に強化することで、今後2年間に本ソリューションについて500億円の売上を見込んでいます。

以上

(注1)

Machine to Machineの略。センサ、自動車、自動販売機、家電製品などの機械をネットワークに接続し、通信を行うことで情報の収集や装置の制御を行う技術。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

新製品に関する情報

M2Mソリューション CONNEXIVE
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/solution/m2m/

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第三キャリアサービス事業部
Eメール: contact@m2m.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.