ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 東京大学情報基盤センター、教育用計算機システムECCS2012の運用を開始

東京大学情報基盤センター、
教育用計算機システムECCS2012の運用を開始 ~ 最先端の教育と学術研究の環境をNECが構築 ~

2012年3月23日
国立大学法人東京大学情報基盤センター
日本電気株式会社

「東京大学 情報教育棟 大演習室」

「東京大学 情報教育棟 大演習室」

国立大学法人東京大学情報基盤センター(センター長:石川 裕、以下 東京大学情報基盤センター)は、教育用計算機システム(以下、ECCS2012)の運用を2012年3月から開始しました。本システムの構築と運用支援を、日本電気株式会社(代表取締役 執行役員社長:遠藤信博、以下NEC)が担当しています。

東京大学情報基盤センターのECCS2012は、東京大学の学生及び教職員が教育・研究のために利用する、コンピュータやネットワークからなるシステムです。教育研究用端末は、本郷キャンパスの情報基盤センターや駒場キャンパスの教養学部情報教育棟を始めとし、本郷・駒場・柏キャンパスの図書館や教室に分散して配置されています。
東京大学情報基盤センターは、ECCS2012への更新において、教育・研究サービスの充実とシステム運用コストの抑制、また、省電力化や災害時のサービス継続性向上を目指しました。これらの目標に基づく最先端の教育と学術研究の環境をNECが構築しました。

ECCS2012の概要は次のとおりです。

  1. 大学での大規模事例となる、40,000人規模の認証統合
    NECの統合認証サービス「WebSAM SECUREMASTER/EDS、EIM、EAM(注1)」により、従来は個々にログインしていたWebアプリケーションへのシングルサインオンを実現。利用者は端末にログイン後、ECCS2012及び連携する各種サービスをログイン操作なしに利用可能。また、ワークフローによるアカウント管理を実現し、システム管理者の運用負荷を軽減。

  2. データの高速バックアップによる災害対策環境の実現
    BC/DRの観点から、駒場・本郷両キャンパスにEMC社製のストレージ(注2)を設置し、キャンパス間でレプリケーションを行うことにより、データを高速にバックアップ。災害などの緊急時に、バックアップからリストアすることなくデータの継続利用が可能。また、同社ストレージのストレージ階層間自動データ再配置機能により、アクセス頻度に応じて速度の異なる複数のディスクを有効活用し、コストと消費電力の最適化を実現。

  3. 教育・研究系で初めてのネットプリントサービス連携
    富士ゼロックス社のネットプリントサービスを活用し、ECCS2012の教育研究用端末からの印刷出力を、学内・学外(全国のセブン-イレブン)の両方で受け取り可能。USBメモリ上にあるOfficeファイルのプレビュー印刷や、ECCS2012外から印刷ジョブの受け付けも可能。また、学内プリント料金の支払は、交通系公共電子マネーに対応し、利用者の利便性を向上。

  4. 教育研究用端末には1,321台のiMacを採用
    iMacを利用し、Mac OSとWindows OSのデュアルブート(注3)を実現。これまでOSごとに異なっていた端末の種類を1機種に集約し、端末台数を削減。また、「Kaseya」(注4)と「Total Manager for Mac」(注5)を組み合わせ、2つの異なるOSのアップデートやシステムイメージの配信、監視などを集中管理し、更新内容に応じた柔軟な端末管理を実現。さらに、端末を管理するサーバ台数も約1/3に削減。

  5. 学外からのリモート接続環境を整備
    帰宅後の学生や非常勤講師などが、学外から教育研究用端末のデスクトップ環境へアクセスすることを可能とするリモート接続環境を整備。各自が所有する機器からセキュアに同時30人の接続が可能。

なお、このたびの運用開始にあたり、EMCジャパン株式会社および富士ゼロックス株式会社より以下のエンドースメントを頂戴しています。

『EMCジャパン株式会社は、NECが構築した東京大学の教育用計算機システムの稼働開始を心より歓迎します。東京大学の学生および教職員の方々が、最先端の教育と学術研究を行う重要な同システムにおいて、EMCジャパンは堅牢で信頼性の高いストレージや、遠隔地をつなぐ災害対策ソフトウェアなど数々のソリューションを提供し、強固なIT基盤の一役を担っています。今後も、EMCジャパンはNECと共に、東京大学に価値あるIT基盤を提供し続けます。』

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部長 糸賀 誠

『この度、学内の複合機とセブン-イレブンのマルチコピー機をシームレスに活用できる新たなプリント環境を提供できることを当社として大変光栄に思います。いつでもどこでもプリントできる利便性の高いサービスで、快適な学習環境づくりを支援していきます。』

富士ゼロックス株式会社 執行役員 営業本部 副本部長 関根 勇

東京大学情報基盤センターは、システム利用機会の拡充を通じて利用者の利便性向上を実現するとともに、サーバ機器の統合・削減と新ストレージの導入によりシステムの省電力化を達成し、併せてシステム運用コストの抑制を目指します。

NECはこれまで東京大学へ附属図書館学術情報システムや附属研究機関システムなどを納め、幅広い分野で東京大学の教育・研究環境を支援しています。今回の東京大学の大規模実績を活かし、今後ともICTで、より充実した教育・研究環境をご提供していきます。

ECCS2012のイメージはPDF別紙をご参照ください。

以上

(注1) WebSAM SECUREMASTER(セキュアマスター) (注2) EMC社 (注3) デュアルブート

一台のコンピュータに2つのOSを組み込み、どちらでも起動できるように設定すること。起動時にどちらのOSを起動するか選択する。

(注4) Kaseya (注5) Total Manager for Mac
共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

詳細情報

NECのストレージ製品

本件に関するお問い合わせ先

国立大学法人東京大学情報基盤センター 総務係
Eメール: itc-press@itc.u-tokyo.ac.jp

NEC 文教・科学ソリューション事業部
Eメール: webmaster@elsd.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.