ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、クラウドサービスを利用した環境パフォーマンス管理システムを導入

NEC、クラウドサービスを利用した
環境パフォーマンス管理システムを導入 ~ あわせて「GreenGlobeX」の名称で外販を開始 ~

2012年3月28日
日本電気株式会社

NECは、自社グループにおけるエネルギー使用量や温暖化ガス排出量などの環境パフォーマンス指標の管理を強化すると共に、システム運用コストの削減を図るため、クラウドサービスを利用した新たな環境パフォーマンス管理システムを本年4月に導入します。

NECでは、本システムの導入により、自社目標であるCO2排出量の毎年1%削減を推進すると共に、年間のシステム運用コストの従来比半減を見込んでいます。

あわせて、本システムを「GreenGlobeX(グリーングローブ エックス)」の名称で外販します。「GreenGlobeX」の価格(税別)は月額15万円(100サイトの場合)であり、今後3年間で100社への販売を目指します。

NECの環境パフォーマンス管理システムの主な特長は以下のとおりです。

  1. 目標管理、見える化を通じた現場での環境改善活動の推進
    全社目標値を踏まえた拠点や部門ごとの目標値を年度単位で設定し、進捗状況と対比することができる。また、拠点や設備単位に入力する実績データを、複数拠点に職場が分散する部門単位に組み替えて表示することができる。さらに今後、電力センサーやビルエネルギー管理システムなどと連携した日別、時間別のエネルギー使用量の見える化機能の導入を計画している。
    これらにより、各部門での省エネをはじめとした自立的な環境改善活動の推進や、外部からの多様な環境データの開示要求への迅速な対応が可能となる。

  2. グローバル対応、システム連携機能の強化による業務迅速化・効率化
    海外を中心としたイントラネット未接続の拠点においても、システムのクラウド化によりインターネット経由で直接データ入力することができる。また、現地単位(ガロン、フィートなど)・通貨での入力、画面の日本語・英語・中国語表示や年度・年表示に対応している。さらに、子会社独自の環境パフォーマンス管理システムやフォーマットとのデータ連携機能を備えている。
    これらにより、環境パフォーマンス管理業務の迅速化や効率化を実現することができる。

  3. クラウドサービス化によるシステム運用コスト削減
    データセンタでの集中管理により、システムのバージョンアップにともなう現場作業の大幅削減、法規制や換算係数の変更へのタイムリーな対応などが可能。これにより、年間のシステム運用コストの従来比半減を見込む。

「GreenGlobeX」の特長およびNECの環境ITソリューションマップについてはPDF別紙をご参照下さい。

以上

(注)

「GreenGlobe」は、NECの登録商標です。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

(NECの環境パフォーマンス管理システムについて)
NEC 環境推進部
電話: 03-3798-6617
Eメール: info@eco.jp.nec.com

(「GreenGlobeX」について)
NEC ITプラットフォームソリューション事業部
電話: 03-3798-9152
Eメール: ecosol@office.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.