ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「日本海溝海底地震津波観測システム」を受注

「日本海溝海底地震津波観測システム」を受注 ~ より精度の高い地震、津波観測と緊急速報に貢献 ~

2012年3月29日
日本電気株式会社

NECは、独立行政法人防災科学技術研究所(以下防災科研、理事長 岡田義光)が整備を開始した「日本海溝海底地震津波観測網」の海洋調査及び海底機器の製作を受注いたしました。

日本海溝海底地震津波観測網は防災科研が敷設を計画する大規模な海底地震・津波観測ネットワークであり、房総沖から根室沖にわたる広範囲な海域と、日本海溝軸の外側海域での、地震や津波の観測を可能にします。完成時には5,000キロメートルを越える海底ケーブルと150台を越える海底観測ユニットを中心に構成されることになります。

今回NECが受注した内容は、ケーブル敷設ルートの選定と観測点設置予定箇所の構造探査、および2海域分の観測装置の開発と製造です。(平成23年度第3次補正予算にて着手)

各観測装置からのデータは、光海底ケーブルによってリアルタイムで陸上の受信局に伝送されます。

NECは、海底ケーブル事業で実績のある光通信技術、長距離における電源供給技術、データ伝送・処理技術を活用することにより、日本海溝海底地震津波観測網に求められる技術仕様への対応を実現いたします。

NECは、日本で初めて1979年に東海沖のケーブル式常時海底地震観測システムを供給した事に始まり、これまでに国内9件、海外1件の海底地震・津波観測システムの供給を行なっています。また、これまで納入したシステムは、現在まで安定稼動を続け、貴重なデータを地上の観測センターに届けています。

以上

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 海洋システム事業部 飯田
電話: 050-3757-2185
Eメール: n-iida@bu.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.