ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECと日本オラクル、システムの統合運用管理領域で協業強化

NECと日本オラクル、システムの統合運用管理領域で協業強化 ~ 両社製品の連携ソフトを国内で初めて開発、プライベートクラウドなどのシステム運用管理を大幅に効率化 ~

2012年4月3日
日本電気株式会社
日本オラクル株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下 NEC)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下 日本オラクル)は、システムの統合運用管理領域における製品間連携で協業を強化します。

両社は、オラクル製品群の管理とエンタープライズ・クラウドの統合管理ソリューション製品「Oracle Enterprise Manager 12c」が保持する「障害(イベント)情報」、「構成情報」、「性能情報」などの管理データを、NECの統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」に連携させるコネクタ製品(ソフトウェア)を国内で初めて共同で開発し、NECが6月から順次製品を販売します。
この新ソフトウェアを用いて、「WebSAM」から「Oracle Enterprise Manager 12c」が管理するアラート発生箇所にダイレクトにアクセスすることが可能となります。これにより、オラクル製品を含めたシステム全体における障害対応の早期解決、運用の大幅な効率化を図ることが可能となります。

昨今、プライベートクラウドをはじめ、複雑化・大規模化するシステム環境において、障害への迅速な対応、システム構成の可視化、複雑な性能の根本原因の特定がシステム運用において重要になっています。今回の協業強化はこうした市場ニーズに対応し、システム運用品質の向上、運用コストの低減、迅速な新技術への対応を実現するものです。

両社は以下のステップで協業を推進していきます。

  1. 両社の統合運用管理ソフトウェアを連携する新ソフトウェアを国内で初めて開発。
    イベント情報を可視化し、迅速な障害対処、運用品質の向上、運用コストを低減


    「Oracle Enterprise Manager 12c」が保持するオラクル製品の障害(イベント)情報を「Oracle Enterprise Manager 12c」の拡張フレームワークであるイベント・コネクタを用いて「WebSAM」に統合するための連携製品を国内で初めて両社で共同開発し、NECが6月から販売を開始します。
    これにより、迅速にオラクルの新製品や新機能への対応が可能となるとともに、国内運用管理製品では初となる「WebSAM」から「Oracle Enterprise Manager 12c」が検知したアラート対象箇所にダイレクトに導くことができ、問題の早期解決を実現します。また、「Oracle Database」や「Oracle Fusion Middleware」の最新テクノロジーに加え、「Oracle Exadata」などのオラクル製品の高度な監視に対応をします。

  2. 両社の製品連携を、構成情報・性能情報まで拡大し、高いサービスレベルを維持

    今回のイベント連携に加え、今後両社は、「構成情報」「性能情報」へも連携を拡大し、「WebSAM」からの統合監視を実現するための連携開発を順次進めていきます。
    構成情報の連携では、オラクル製品の構成情報と「WebSAM」が持つオラクル製品以外の構成情報を連携することで、システム全体の構成と問題の影響範囲の可視化を実現します。また、従来のオラクル以外の運用管理製品からは困難であった「Oracle Exadata」の構成情報の管理も実現します。
    両社はこれまでに、「Oracle Enterprise Manager 12c」が持つオラクル製品の性能情報とシステム性能分析ソフトウェア「WebSAM Invariant Analyzer」の連携により、エラーメッセージとして現れない障害の自動検知と原因特定を実現してきました。
    このたびの協業強化により、リアルタイムでの分析が可能になり、性能障害の事前検知と高いサービスレベルの提供を実現します。

今後、NECと日本オラクルは、クラウド環境を含む大規模かつ複雑化するシステム基盤全体の統合管理を実現し、お客様に高信頼で効率的な運用管理基盤を提供していきます。

尚、このたびの連携を、Oracle OpenWorld Tokyo 2012の下記のセッションでご紹介します。

日 程 4/5(木)13:00-13:45
場 所 グランドハイアット東京
セッションコード S2-16
セッションタイトル NECのクラウド戦略とオラクルの融合
~ NECとオラクルが提供する最新クラウド管理基盤 ~
 
日 程 4/5(木)15:20-16:05
場 所 ベルサール六本木
セッションコード G2-02
セッションタイトル Total Cloud Control with Oracle Enterprise Manager 12c
-エンタープライズ・クラウドを支える次世代の運用管理基盤-
     
詳細・お申し込み 新しいウィンドウを開きます。 http://www.oracle.com/openworld/jp-ja/index.html

以上

*

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

*

その他、当リリースに記載されている会社名、および製品名は各社の登録商標または商標です。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

参考リンク

「Oracle Enterprise Manager 12c」概要
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.oracle.com/jp/products/enterprise-manager/index.html

「WebSAM」概要
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/middle/WebSAM/

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC プラットフォーム販売本部(ソフトウェアお問い合わせ)
電話:03-3798-7177
(受付時間9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日・NEC所定の休日を除く))
Eメール: contact@soft.jp.nec.com

日本オラクル株式会社 Oracle Direct
電話:0120-155-096
URL:新しいウィンドウを開きます。 http://www.oracle.com/jp/direct/index.html

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.