ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > ビッグデータ領域で、NECとSAS Institute Japanが協業

ビッグデータ領域で、NECとSAS Institute Japanが協業 ~ 100人のシステム販売・構築体制、20人の分析要員体制を確立 ~

2012年5月22日
日本電気株式会社
SAS Institute Japan株式会社

<本件および「InfoFrame DWH Appliance」に関する情報>

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/pfsoft/dwhappliance/index.html

NEC(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤信博、以下 NEC)と SAS Institute Japan(本社:東京都港区、社長:吉田仁志、以下 SAS)は、両社の「ビッグデータ(データ爆発)」関連事業の強化に向け、協業することで合意しました。

本協業により、NECが、大量かつ多様なデータから高度な分析や予測を行うビジネス・アナリティクス(BA)分野で世界トップベンダーであるSASとSIリセラー契約を結び、SASのBA製品の販売を開始します。
あわせて、NECが有する業種ノウハウとSASが有するデータ活用ノウハウを連携し、国内で先駆けて、各業種特有の大量データ分析視点や分析手法を標準化したテンプレート(雛形)10種を共同開発、本年9月からNECが販売を開始します。本テンプレートにより、顧客におけるビッグデータの早期活用を実現します。

これに伴い、NECとSASは、BAを用いたシステムの提案・販売・構築などを共同で行う体制を100人規模で確立しました。
また、NECとSASのソリューションを利用して高度な分析や分析モデル(注1)の構築・実行支援を行う20人規模の分析要員体制をNEC内に確立し、順次 規模を拡大していきます。

NECは、「ビッグデータ」関連事業の創出に向けた製品・サービスの強化、全社横断の戦略プロジェクトの立ち上げ、専門要員の強化・育成を進めています。このたびの協業は、本活動を一層加速するものです。

協業概要は次のとおりです。

  1. NECの「InfoFrame DWH Appliance」とSASソリューションを連携し、ビッグデータの高速分析を実現
    NECの超高速データ分析プラットフォーム「InfoFrame DWH Appliance」(以下 IDA)とSASのBAソリューションを連携することで、他のプラットフォームを利用した場合に比べ、分析処理を10倍以上(注2)高速化することが可能。分析のトライ&エラーが迅速に行われることで、データ活用におけるPDCAサイクルを加速できる。また、システムの構築・運用の簡易化、システム運用費(TCO)を最大1/3に低減(注3)することが可能。

  2. 業種別の分析テンプレート10種を共同で開発・販売
    CGM(Consumer Generated Media、注4)から収集されたデータ活用を中心に、ネットサービス業、通信業、流通・サービス業、製造業など業界特有の大量データ分析視点、分析データの作り方、分析方法論、アウトプット例などを10種類のテンプレートとして整備し、本年9月からNECが販売。
    本テンプレートの利用により、個別開発に比べて、システム開発期間やコストを低減できるとともに、手元にあるデータの分析・活用を迅速に始めることができる。

  3. システムの導入・構築、分析要員の体制を確立
    NECとSASが共同で、システムの導入・構築を行う体制を100人規模で確立。TB(テラバイト)からPB(ペタバイト)を超えるデータを活用するシステムの提案・販売、システム構築を行う。
    また、統計解析・データマイニングをビジネスシーンに適用し、SASを用いた分析モデルの構築・実行支援を行う要員をNEC内に20人体制で確立。

  4. 共同マーケティングの推進
    両社共同で顧客開拓・マーケティング活動を実施。その一環として、5月24日に開催されるSASのユーザー企業向けイベント「SAS(R) Forum Japan 2012」(場所:ロイヤルパークホテル、東京都中央区)に協賛出展する。

以上

(注1)

分析用途(顧客分析、商品分析 等)毎に、統計解析やデータマイニングを用いて分析結果も導くためのデータ解析手法全体を示したもの。

(注2)

NEC試算

(注3)

NEC試算

(注4)

インターネットなどを活用して、消費者が自ら情報を発信し、内容を生成していくメディアのこと。クチコミサイト、掲示板、SNS、ブログなどがこれにあたる。

*

記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標。

*

SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

SAS Institute Inc.について

SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の55,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万2千名、日本法人 約210名(新しいウィンドウを開きます。 http://www.sas.com/

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本件および「InfoFrame DWH Appliance」に関する情報

本件に関する企業のお客様からの問い合わせ先

NEC ITプラットフォームソリューション事業部
TEL: 03-3798-5144

SAS Institute Japan株式会社
TEL: 03-6434-3020(営業代表)

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.