ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NEC、節電機能を強化したビジネスPC「Mate」「VersaPro」を発売

NEC、節電機能を強化したビジネスPC
「Mate」「VersaPro」を発売 ~ デスクトップPCもピークシフトに対応 ~

2012年5月23日
日本電気株式会社

「Mate タイプME」

「Mate タイプME」

「VersaPro タイプVD」

「VersaPro タイプVD」

<新製品に関する情報>

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/products/bizpc/index.shtml

NECは、昼間の電力ピーク時にバッテリからの電源供給に切り替えて節電する「ピークシフト(注1)機能」を従来のノートPCに加え、NECとして初めてデスクトップPCにも搭載するなど、節電機能の強化および高速起動に対応したビジネス向けデスクトップPC「Mate」およびノートPC「VersaPro」計11タイプ31モデルを、本日から販売します。

新製品の主な特長は節電機能の強化と高速起動への対応です。

  1. 節電機能の強化 ~ ピークシフトをより効果的に実現 ~
    1. デスクトップPC「Mate」で「ピークシフト機能」対応
      「MateタイプME」でバッテリ内蔵を選択可能とし、デスクトップPCでも「ピークシフト機能」に対応可能となりました。さらに予め設定した時間にECOモードに自動切り替える、スケジュール設定も可能なため、これらを組み合わせて使うことで、より効果的な節電が可能です。

    2. 電力使用率に合わせて自動節電
      電力会社の電力使用状況の情報と連動し、電力使用率が上がると自動でECOモード(注2)やバッテリ動作に切り替わる設定が可能です。

    3. ランダムピークシフト機能
      複数台のPC運用時に各PCの「ランダムピークシフト機能」をオンにすることで、指定された時間の範囲で、各PCごとにランダムにシフト時間が設定され(注3)ピークシフトを行います。一定規模以上(注4)のPCを管理する場合、PCの入れ替えや引越しがあっても、個別の管理や設定が不要となり、全体としてのピークシフト対応が可能です。

  2. 高速起動へ対応
    1. インテル(R) スマート レスポンス テクノロジー
      「Mate タイプME」と「VersaPro タイプVD」で、高速起動・高速レスポンスを実現する「インテル(R) スマート レスポンス テクノロジー」を搭載可能(注5)です。キャッシュとしてSSDを使用し、HDDの読み込み速度を向上させることで、起動時間を非搭載時と比較して約30%短縮(注6)し、ファイルの読み出しも高速化するなど、業務のスピード向上を可能にします。

    2. クイックパワーオン機能
      全ての新製品で、高速起動を実現する「クイックパワーオン機能」を搭載。独自の処理でパソコンを終了し、次回電源ONの時に通常より高速起動させることが可能です。

主な新製品の特長は以下の通りです。

  1. デスクトップPC「Mate タイプME」(5モデル)
    • 約3.1時間(注7)の動作が可能なバッテリを内蔵可能。「ピークシフト機能」に対応し、優れた節電機能を実現します。また「夜間充電機能」により、昼間のバッテリ駆動で消耗したバッテリの充電を、予め設定した電力需要が少ない夜間に自動的に充電することで更に節電に貢献します。

    • バッテリ内蔵時には、不意の停電時に自動的に休止状態に移行する「停電時休止機能」も使用可能。大事なデータを停電から保護します。

    • 第3世代インテル(R) Core(TM) i7 vPro(TM) プロセッサーを搭載可能で、さらなるパフォーマンス向上と省電力化に貢献します。

    • 高速起動を実現する「クイックパワーオン機能」を搭載しています。また、高速起動・高速レスポンスを実現する「インテル(R) スマート レスポンス テクノロジー」を搭載可能です。(注5)

    • 省エネ法2011年度達成基準に対し、達成率500%以上の[AAA]に適合しています。

  2. ノートPC「VersaPro タイプVD」(3モデル)
    • ピーク電力時間帯を乗り切る大容量バッテリをご用意。最大約6.7時間(注8)のバッテリ動作を実現します。また、「夜間充電機能」により、昼間のバッテリ駆動で消耗したバッテリの充電を予め設定した電力需要が少ない夜間に自動的に充電することで節電に貢献します。

    • PC未利用時の待機電力をゼロ(注9)にする「ゼロワットACアダプタ」を標準搭載し、PCを使っていない時の節電にも貢献します。

    • 離席センサを標準搭載し、自動的に在席/離席を高い精度で感知します。離席時には液晶モニタを自動的にOFFにすることが可能で、優れた節電機能を実現します。

    • 第3世代インテル(R) Core(TM) i7 vPro(TM) プロセッサーを搭載可能で、さらなるパフォーマンス向上と省電力化に貢献します。

    • 高速起動を実現する「クイックパワーオン機能」を搭載しています。また、高速起動・高速レスポンスを実現する「インテル(R) スマート レスポンス テクノロジー」を搭載可能です。(注5)

    • 新たにテンキー付きキーボードを選択可能とし、従来のキー配列のキーボード(タイプA/B)と合わせ3種類から、お客様の用途に合わせたキーボードが選択可能です。

    • 省エネ法2011年度達成基準に対し、達成率500%以上の[AAA]に適合しています。

  3. ノートPC「VersaPro タイプVH」(1モデル)
    • 持ち出しに適した13.3型液晶と、最大約13.1時間(注8)の大容量バッテリを標準搭載。「ピークシフト機能」や「夜間充電機能」にも対応し、節電に貢献します。

    • インテル(R) Core(TM) i7 プロセッサーを搭載。更なるパフォーマンス向上と省電力化に貢献します。

    • 高速起動を実現する「クイックパワーオン機能」を搭載しました。

    • テンキー付きキーボードを標準搭載。快適な入力をサポートします。

    • 天板表面には細かな傷を自然と復元するスクラッチリペアを採用。鞄に入れて持ち歩く際につきやすい擦り傷を回復でき(注10)、表面の美しさを長く保つことができます。

    • ディスプレイ上部にWebカメラを搭載。Web会議などビジネスのコミュニケーションに利用可能です。

NECは、今後も自社の事業活動の環境負荷低減を進めるとともに、製品・サービスの提供によって社会全体の環境負荷低減に貢献し、人と地球にやさしい社会の実現を目指します。

以上

*

インテル、Core、vPro、は、米国およびその他におけるインテルコーポレーションおよび子会社の登録商標または商標。

(注1)

ピークシフトとは、電力需要のピーク時間帯にバッテリ動作を行い、その分のバッテリ充電は比較的電力需要の少ない時間帯で行うことで、直接電気を使用する時間をピーク時間帯から移動させること。

(注2)

PCの省電力設定を簡単に切り替えることが可能な「ECOモード設定ツール」によりOS標準設定よりも省電力な設定のECOモードに切り替えることが可能。

(注3)

例えばピークシフト時間を13時~16時に設定している状態で、バッテリ動作開始が13時や14時などランダムにシフトするというような設定が可能。

(注4)

数十台以上の運用時のご利用を推奨。(数台のみの場合、一定の時間に偏りが発生し有効な効果が得られない可能性があります。)

(注5)

購入時に「主記憶ディスクにSSDを使用」を選択した場合を除く。また、「インテル(R) スマート レスポンス テクノロジー」を搭載した場合は「クイックパワーオン機能」を利用できません。

(注6)

「Mate タイプME」のMK33L/E-Eモデルにおける比較。

(注7)

JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)の測定方法を参考とし、ピークシフト機能使用時に測定したバッテリ駆動時間。

(注8)

JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)に基づいて測定したバッテリ駆動時間。

(注9)

ACアダプタからPCへの給電をカットし、電力消費0.005W以下を実現。

(注10)

深いキズやスクラッチリペア層自体が剥がれたり切断された場合には回復しません。

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

新製品に関する情報

新製品に関するお客様からのお問い合わせ先

121コンタクトセンター
電話: フリーコール 0120-977-121
受付時間 : 9:00~17:00(年中無休)
※携帯電話、PHSまたはIP電話などフリーコールをご利用いただけない場合は、03-6670-6000 (通話料お客様負担)

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.