ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 金沢大学附属病院が、新ネットワークにNECの「プログラマブルフロー」を導入

金沢大学附属病院が、新ネットワークにNECの「プログラマブルフロー」を導入 ~ 「OpenFlow/SDN」技術を採用し、柔軟性とセキュリティを両立するネットワーク基盤を構築 ~

2012年6月11日
日本電気株式会社

NECは、金沢大学附属病院(所在地:石川県金沢市、病院長:富田勝郎、以下 金沢大学附属病院)に、ネットワーク制御技術「OpenFlow(注1)/SDN(Software Defined Network、注2)」を活用したネットワークシステムを納入しました。
医療業界において「OpenFlow/SDN」技術を活用したネットワーク基盤の構築は、先進的な例となります。

新システムは、世界で初めて「OpenFlow」に対応したNEC製プログラマブルフロー・コントローラ「UNIVERGE(ユニバージュ) PF6800」2台、プログラマブルフロー・スイッチ「UNIVERGE PF5240」16台を中核として、金沢大学附属病院の新臨床研究棟内ネットワークシステムを構成しています。
NECは、「OpenFlow/SDN」技術の特長を活かし、約1カ月というスピードでシステムを構築しました。

金沢大学附属病院は、高度な医療サービスを提供する一方、医学の研究・教育機関としても大きな役割を担う、北陸の中核医療機関です。
同病院ではこれまで、医療技術の急速な進歩に対し、各部門が必要に応じて個別にネットワークを構築・拡張していました。そのため、ネットワーク全体の構成把握が困難であるととともに、新たな医療機器がネットワークに追加されるたびに複雑な設定変更や接続検証などが必要となり、ネットワーク管理の負荷やコストが増大するという課題がありました。

このたびのシステムは、GUI上で設定変更も可能となり、ネットワーク全体を可視化し、運用管理の効率化、人為的な設定ミスの防止を図ります。また、部門ごとに仮想ネットワークを容易に構築できるため、新たな医療機器を柔軟に追加できます。

金沢大学附属病院が導入したネットワークシステムの特長は、次のとおりです。

  1. ネットワークの統合管理・可視化を実現
    ネットワークの物理構成だけでなく論理構成もGUI上で可視化でき、診療部門や研究部門ごとに構築されていたネットワーク全体を把握できる。これにより、ネットワークの統合管理が可能になり、運用負荷を軽減する。

  2. 部門ごとのネットワーク仮想化を実現
    診療科や研究室などの部門ごとに仮想化したネットワーク(VTN: Virtual Tenant Network)を構築。拡張・変更も仮想ネットワークを構築する際に使用するGUI上で行うだけで、物理的なネットワーク構成に手を加える必要がないため、迅速な対応が可能。

  3. コントローラの集中制御によるリソースプール化の実現
    従来は、部門ごとに構築したネットワークのセキュリティを確保するために、多数のファイアウォールが必要だったが、プログラマブルフローではファイアウォールなどのネットワーク機器を共通プール化できる。これにより、シンプルなネットワーク構成を実現し、機器台数やコストの削減が期待できる。

NECは今回の導入実績を踏まえ、医療機関をはじめ、様々な業界のお客様にプログラマブルフローを積極的に拡販し、ネットワーク管理業務の高度化・効率化などを通してお客様の業務革新に貢献していきます。

尚、NECのプログラマブルフロー・コントローラ(UNIVERGE PF6800)は、「Interop Las Vegas 2012」において、「Best of Interop」のGrand Prize(大賞)を受賞しました(注3)。「Interop Tokyo 2012」(会場:幕張メッセ、会期:展示会 6/13~15、コンファレンス 6/12~15。新しいウィンドウを開きます。 http://www.interop.jp/2012/)にも出展の予定です。

以上

(注1)

OpenFlow:ネットワーク制御機能をスイッチから分離し、コントローラに集約することで、ネットワークを集中制御できる次世代ネットワーク技術。
NECはOpenFlowの非営利標準化団体であるOpen Networking Foundation (ONF)の設立メンバー

(注2)

SDN(Software Defined Network):ソフトウェアによってネットワークの構成や機能をプログラミングできるようにするコンセプト。Software-Defined Networkを実現するための標準がOpenFlow。

(注3) *

本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

共有する: このエントリーをはてなブックマークに追加

本事例に関する情報

NECのプログラマブルフローに関する情報

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC UNIVERGEインフォメーションセンター
Eメール: univergeinfo@usc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.