[C&C for Human Potential / NEC Corporation]

                              平成6年11月16日
報道関係各位                        日本電気株式会社

Windows 環境における OCRの利用を 可能とする 制御ソフトウェアの 発売について


NECはこのたび、基本ソフト(OS)に 「Microsoft(R)Windows(TM)3.1」 (注1、以下略称:「Windows(TM)3.1」)を採用したパソコン「PC−9 800シリーズ」やオフィスサーバ「OP−98シリーズ」において、「Windo ws(TM)3.1」のグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を利用し、OC R用の帳票を容易に作成、変更することや、入力されたデータの修正などを可能とす る「N6370RシリーズOCR」用ソフトウェア2種類を製品化し、それぞれフォ ーマット・ユーティリティ・ソフトウェア「PC−RFPGEN(Windows版 )」およびデータ入力ソフトウェア「PC−ROCRDE(Windows版)」の 名称で本日より販売を開始いたしました。

新製品の主な特長は、

  1. 従来は用紙業者に依頼していたOCR用帳票の設計や変更を、マウスを利用して 画面上でレイアウトを作成しながら容易に行うことが可能であるため、通常2週間か ら3週間程度かかる帳票設計期間を約10分の1に短縮することができること
  2. 「Windows(TM)3.1」のGUIを利用して、OCRが正確に読み取れな かった文字や単語の候補を画面上で表示、選択しながらデータの修正作業を容易に行 えること
  3. 「N6370RシリーズOCR」で読み取ったデータを 「Microsoft(R)Excel」(注2)や 「Lotus1−2−3」(注3)などのパソコン用市販ソフト で利用可能としていること
などであります。

新製品の販売価格は、「PC−RFPGEN(Windows 版)」が30万円、「PC−ROCRDE(Windows版)」が20万円であり ます。 出荷開始時期は、来年3月1日であり、今後3年間で合計5千本の販売を見込んでお ります。

NECでは、「N6370RシリーズOCR」として、高速、高機能機の「N637 0Rモデル70」、中速、汎用機である「同モデル50」、低価格、普及機である「 同モデル30」を平成3年より順次発売し、昨年には、「PC−9800シリーズ」 と「N6370RシリーズOCR」の連携を実現する MS−DOS(注4)用OCR制御ソフトウェアを発売いたしま した。

同製品群は、データ入力作業の大幅な効率化を実現する製品として好評を得ておりま すが、近年、コンピュータ市場においては、「Windows(TM)3.1」を採用し たパソコンの急激な普及により、GUIを利用し操作性に優れたOCRを求める声が 高まっております。

NECでは、このような市場のニーズに応えて新製品の発売したものであります。

新製品2種類の特長は次の通りであります。

  1. フォーマット・ユーティリティ・ソフトウェア「PC−RFPGEN(Wind ows版)」
    1. 帳票設計期間を短縮
      マウスを利用して画面上でOCR帳票のレイアウトを作成しながら、帳票の設計、変 更作業を容易に行うことができ、通常2週間から3週間かかる帳票設計期間を約10 分の1に短縮できる。また、設計した帳票をページプリンタに印刷することにより、 入力用紙としてそのまま利用することも可能。
    2. 作成した帳票を即座にOCRで読み取ることが可能
      帳票の作成作業と、作成した帳票をOCRで読み取るために必要なフォーマット・パ ラメータの作成を同時に行える。これにより、作成した帳票を即座にOCRで読み取 ることが可能。
    3. 既存資産の有効活用を実現
      パソコン用OS「MS−DOS」および「PTOS」、オフィスサーバ用OS「A− VX」などに対応している現行のOCR制御ソフトウェアのフォーマット・パラメー タも利用可能。これにより、既存の資産を有効に活用できる。

  2. データ入力ソフトウェア「PC−ROCRDE(Windows版)」
    1. 容易なデータ修正が可能
      「Windows(TM)3.1」のGUIを利用し、OCRが正確に読み取れなかった 文字や単語の候補を画面上で表示、選択しながらデータの修正作業を容易に行うこと ができる。
    2. 並行修正機能
      Windows環境において、1台の「PC−9800シリーズ」や「OP−98シ リーズ」で、OCRの読み取りと読取結果の修正を同時に並行して行い入力や修正に かかる時間を大幅に削減できる「並行修正機能」を実現している。これにより、OC Rシステムを効率的に運用することが可能。
    3. 既存資産の有効な活用を実現
      「N6370RシリーズOCR」で読み取ったデータを、「Microsoft(TM) Excel」や「N6370RシリーズOCR」などのパソコン用の市販ソフトで利 用することができる。また、「N6370RシリーズOCR」で読み取ったデータを パソコン「N5200シリーズ」、オフィスサーバ「システム7200シリーズ」、 オフィスサーバ「OP−Xシリーズ」などで稼働するソフトで活用することもできる。 これらにより、既存のソフトウェア資産を有効に活用したシステムの構築が可能。

NECでは、新製品の発売により、OCRシステムにおける大幅な強化が実現できた ものと考えており、今後とも積極的な販売活動を展開する予定であります。

                                   以 上

備考:販売価格に消費税は含まれておりません。
注1:Microsoftは米国マイクロソフト社の登録商 標です。Windowsは米国マイクロソフト社の商標です。
注2:Excelは米国マイクロソフト社の商標です。
注3:Lotus1−2−3は米国ロータス社の登録商標です。
注4:MS−DOSは米国マイクロソフト社の登録商標です。


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.