[C&C for Human Potential / NEC Corporation]

                            平成7年1月17日
報道関係各位                      日本電気株式会社

当社1999年3月31日満期スイス・フラン建転換社債に関する追加資料


転換に関する事項

1.当初の転換価額    当初の転換価額は、1995年1月25日(日本時間)の
             東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値
             (当日に終値のない場合は、その日に先立つ直近日の
             終値)に1.025を乗じて算出される金額とし、計算の
             結果1円未満の端数を生ずる場合は、その端数を切り上げ
             る。なお、上記計算の結果算出される転換価額が927円
             を下回る場合は、本社債の発行を中止する。

2.当初の固定為替    当初の固定為替レートは、1995年1月25日の午前
  レート        11時(日本時間)に提示される株式会社東京銀行のスイ
             ス・フラン対顧客電信売り相場による為替レートとする。

3.転換価額の調整    マーケットプライス方式による。

4.転換価額および    1996年2月9日または1997年2月7日(いずれも
  固定為替レートの   日本時間とし、以下「決定日」という。)までの各5連続
  修正         取引日(当日を含む。)の東京証券取引所における当社普
             通株式の普通取引の終値の平均値に1.025を乗じ1円
             未満を切り上げた金額(以下「決定日価額」という。)を
             当該決定日の午前11時に提示される株式会社東京銀行の
             スイス・フラン対顧客電信売り相場による為替レート(以
             下「決定日為替レート」という。)によりスイス・フラン
             に換算した金額が、当該決定日に有効な転換価額を当該決
             定日に有効な固定為替レートによりスイス・フランに換算
             した金額を下回る場合には、転換価額および固定為替レー
             トは、第1回の決定日にかかる修正については1996年
             2月26日、第2回の決定日にかかる修正については
             1997年2月24日(いずれも日本時間とし、以下「効
             力発生日」という。)以降、それぞれの回について次のと
             おり修正される。ただし、下記1または2の場合の固定為
             替レートまたは転換価額の修正は、修正後に本社債券1枚
             の転換により発行される株式数(1株未満を切り捨てずに
             計算する。)の修正前に本社債券1枚の転換により発行さ
             れる株式数(1株未満を切り捨てずに計算する。)に対す
             る比率(以下「増加比率」という。)が1.22を超えな
             い範囲で行う。

            1 決定日価額が決定日に有効な転換価額に等しいかまたは
              これを上回る場合
               固定為替レートは次の算式により得られる為替レート
               (1スイス・フランあたりの円貨額とし、1銭未満を
               切り捨てる。)に修正される。この場合、転換価額は
               修正されない。
                        決定日   決定日に有効な
                             ×
                修正後の固定  為替レート 転換価額
                      =−−−−−−−−−−−−−−−
                為替レート      決定日価額

            2 決定日為替レートが決定日に有効な固定為替レートに等
              しいかまたは円高である場合
               転換価額は次の算式により得られる金額(1円未満を
               切り上げる。)に修正される。この場合、固定為替
               レートは修正されない。
                      決定日 決定日に有効な
                         ×
                修正後の  価額  固定為替レート
                    =−−−−−−−−−−−−−
                転換価額   決定日為替レート

            3 決定日価額が決定日に有効な転換価額を下回り、かつ
              決定日為替レートが決定日に有効な固定為替レートより
              円安である場合
               決定日価額を修正後の転換価額とし、決定日為替レー
               トを修正後の固定為替レートとして計算した増加比率
               が1.22を超えない場合は、転換価額は決定日価額
               に、固定為替レートは決定日為替レートに修正される。
               当該増加比率が1.22を超える場合で、決定日価額が
               当該決定日に有効な転換価額を1.22で除した金額を
               上回るときは、転換価額は当該決定日価額に、固定為
               替レートは増加比率が1.22に等しくなる為替レート
               (1スイス・フランあたりの円貨額とし、1銭未満を
               切り捨てる。)に修正される。当該増加比率が1.22
               を超える場合で、決定日価額が当該決定日に有効な転
               換価額を1.22で除した金額に等しいかまたはこれを
               下回るときは、転換価額は当該決定日に有効な転換価
               額を1.22で除した金額(1円未満を切り上げる。)
               に修正され、固定為替レートは修正されない。


                                  以 上


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.