[C&C for Human Potenti
al / NEC Corporation]

報道関係各位                        平成7年1月18日
                              日本電気株式会社

既存のアナログ回線をデジタル化し支線系まで効率良くマルチメディアネットワークを構築できる小型統合ノードの発売について


SinmpleNode

NECはこのたび、PBXとマルチメディア多重化装置(TDM)の機能を統合し、支線系まで効率の良いマルチメディアネットワークを構築可能な小型の統合ノードを製品化し、「SimpleNode」の名称で本日から販売を開始いたしました。出荷時期としては、本年2月を予定しております。

新製品の主な特長は

などとなっております。

新製品の販売価格は、210万円から(モデル構成:卓上型、V.24データ×4チャンネル、高速デジタル1回線、消費税別)となっており、販売目標としては、年間1,200システムを見込んでおります。

近年の企業情報ネットワークにおいては、デジタル回線が多種多様になり、しかも安価で利用可能になってきたことからその導入が進んでおります。また更に、音声通信以外のマルチメディア通信が進展する方向にあり、その情報量も増大していることから、経済性をより重視した柔軟なネットワーク構築が求められております。新製品は、このような市場の要求に応えて、従来のPBXの回線交換機能と音声圧縮、多重化機能を融合させた統合ノードであり、これまでコスト的にTDMの導入が難しかったアナログの支線系ネットワークをデジタル化してより経済性に優れた、しかも将来の広帯域通信にも対応できるネットワークを構築することが可能なものであります。

新製品の主な特長

新製品の主な仕様については別紙をご参照ください。

                                  以 上

(注1)従来のアナログ伝送路で9.6Kbpsのデータ通信に利用した場合との比較

(注2)回線距離21km以上の場合は約3分の1以下



個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.