[C&C for Human Potential / NEC Corporation]

「当社のBTOの取り組みについて」


<添付資料−1>

1. BTOについて

当社のBTOは、販売店や当社直販営業部門からの受注に対応する生産方式である。

ユーザは予め用意された選択肢(パソコン本体、AP、増設メモリ、モニタ)の中から希望に合う商品の組み合わせを選択し、販売店や当社直販営業部門に発注する。

2.BTOの狙い

(1) 多様な企業ユーザニーズへの提案を拡大する。
(2) 客先ニーズに応じた付加価値販売の促進並びに納期の明確化を行う。
(3) 受注生産方式による製品在庫の圧縮を行う。

3. BTOのメリット

(1)ユーザ側メリット
  1. パソコン本体(CPU、OS)、アプリケーション、増設メモリ、モニタの中から希望する最適な組み合わせを選択出来る。

  2. 希望する組み合わせを当社が保証・出荷するので、動作確認等の手間を省くことが出来る。

  3. アプリケーション、増設メモリ、モニタ等個々のオプション価格の明確化により、ユーザ自らがセット価格の積算が可能である。

  4. 当社が受注後2週間を目安に販売店等に商品を出荷するので、ユーザは確約された納期により計画的なシステム構築が可能となる。

(2)販売側メリット
  1. パソコン本体とオプションの組み合わせの選択肢を提供することにより、多種多様なユーザニーズへの提案が可能となり、販売側はビジネスチャンスの拡大を図ることが可能となる。

  2. ユーザからの受注時に確実な納期回答が出来るので、販売側の納期管理が容易になる。

  3. 受注生産方式のため販売側での製品在庫の必要がなくなるので、在庫負担が減る。

4. 対象商品/組み合わせの考え方

(1)対象商品/BTOによる組み合わせ

  1. Mate NX
  2. NetFine NX
  3. MateServer NX

(2)BTOによる組み合わせ

<添付資料−2>参照

5. 納期/受注単位

(1)納期は、販売側から受注後2週間以内に出荷。
(2)最低受注台数は、1台。

6. 構成選択ツール

カタログ等のセールスツールでも、ユーザの組み合わせ選択を容易とする配慮 を行っているが、パソコンを使ってインタラクティブに選択することにより、自動的に型番や価格、構成などが見られるWebサービス(98Information:10月23日からサービス開始)やCD−ROMの提供(11月上旬から提供 開始予定)を行う。

これにより、希望する構成を決定したらその画面をプリントアウトし販売店や当社営業部門に見せるだけで間違いなく注文することができる。

以 上

(参考)
BTO:Build To Orderの略称であり、お客様から注文(Order)を受けてからパソコンを組み立てて(Build)出荷する受注生産方式。
[Copyright(C) NEC Corporation 1997. NEC and C&C are trademarks of NEC Corporation.]