[C&C for Human Potential / NEC Corporation]
平成9年11月20日
日本電気株式会社

誰でも快適に3Dホームページの作成ができるWeb対応3D空間プランニングソフト「3Dプランナー」の発売について

「3Dプランナーの画面例」

「3Dプランナーの画面例」

NECはこのたび、インターネットのWorldWideWeb(注1)に対応した3Dバーチャルワールドを通常のパソコンで楽しく簡単にまた快適に作成できるツール「3Dプランナー」を発売いたします。

今回発売する「3Dプランナー」は、ワールドサンプル(3Dサンプル画面)をはじめ、3Dモデルやテクスチャ、カラー、サウンド等の数百個の専用オブジェクトをあらかじめ装備し、アクションやインテリジェンスを持った部品により、サウンドやアクションの付いた本格的な3D仮想世界をホームページ上に構築できるものであります。これらの部品はアイコン化されていて、クリックアンドドラッグの簡単な操作で直感的に3D画面が作成できます。さらに、このツールと付属するブラウザプラグインを使うことにより、インターネット上でも全く同じ世界を公開でき、他のサイトともリンクがかけられるようになっております。

本ソフトは、基本ソフトに「Windows95」「WindowsNT」を採用したパソコンで稼動するものであり、(1)英国Superscape社が開発した世界最高速のインターネットブラウザ用プラグインVISCAPE(ビスケイプ)を採用し、(2)特殊な3D用語の多いオンラインヘルプをわかり易く日本語化し、(3)ソフト構造の改良や日本文化環境に即した3D世界や3Dオブジェクト部品の開発をおこなったものであります。また、インターネットからのダウンロードによる、無店舗、無在庫での販売方式で販売するため低価格化も実現いたしました。

本ソフトの発売は12月24日(水)で、価格は、ダウンロード販売価格で、5,000円、パッケージ価格で9,800円であります。また、販売数量は、年間5万セットを見込んでおります。

近年、航空シミュレータや医療分野など、人命を伴う現実には不可能な危険体験や模擬手術の支援には、インタラクティブでリアルタイム描画を扱うことのできる、3次元の仮想現実感(バーチャルリアリティ)技術が使われてきました。この3次元仮想現実感技術は特殊なプログラムと高速なワークステーション上で発展してまいりましたが、昨今のパソコンやアクセラレータボードの飛躍的な性能向上により、インタラクティブでリアルタイムな画像処理をパソコン上で行うことが可能となってまいりました。

一方、ソフト文化の面ではインターネットの急速な発展により、企業のみならず個人でもホームページを持って宣伝や自己表現することが可能となり、文字や静止画像からアニメーション、双方向のイベントと、ユーザの表現の幅を広げるための支援ツールの開発が盛んになっております。

この様な動きの中で仮想現実感を創出する3次元のグラフィックス技術は、その大きな応用分野として、デジタルデータを使って3次元の仮想都市空間を構築できる、インターネットに必然的に結びつきました。この様な3D世界を構築するツールとして、VRML(注2)やJava(注3)が開発されております。

しかしながら、現時点でインターネット上で実用的なスピードで表現豊かなインタラクティブな3次元世界を構築するには、専門的なプログラム言語やハードの知識が必要で、3Dのホームページを作れるには専門家に限られておりました。

NECでは、専門家でない人でも手軽に3Dのホームページが作成できる支援ツールの検討を進めてまいりましたが、このたび、3次元バーチャルワールドをリアルタイムで作成可能な、3D空間プランニングソフトを発売するものであります。

本ツールの特長は次のとおりであります。

  1. アイコン化された数百個の専用3Dオブジェクト部品と先進のユーザインターフェースにより、楽しく動きのある3Dホームページが直感的に操作できる。豊富なデモンストレーションワールドを好みに合わせて再編集することで、新たな空間設計プランやコンテンツが簡単に作れる。

  2. このツールと付属するプラグインブラウザを使えば、サウンドやアクションの付いた本格的な仮想世界を構築でき、インターネット上でも全く同じ世界を公開でき、しかも他のサイトともリンクがかけられる。

  3. クラス最高速のソフトウェアレンダリング技術と優れた圧縮方式による軽量化データにより、処理速度が速く、快適なWeb運用操作性がある。

  4. BIGLOBEのSoftPlazaから、何時でも、何処でも、誰でもダウンロードができる。

NECでは、今回の発売により、下記の様なインターネットを中心とした新たなコンテンツビジネス分野、ならびに一般ユーザの方々誰でもが3次元の生活空間を気楽にデザインし、世界中の人々がコンテンツ文化を共有して行ける様に、新たなオブジェクト開発や提供により、インターネット時代に即した文化の支援をして行く計画であります。

a)インターネットによる地方自治体のローカルニュースステーションの仮想スタジオ画面プラン
b)同上、鳥瞰体験によるホテル景観の仮想下見紹介画面プラン(と予約システムとのリンク)
c)同上、アクション付きでの劇場イベントの紹介画面プラン(と座席予約システムのリンク)
d)同上、広大なスペースを必要とするレンタルビデオや図書館の仮想閲覧画面プラン(と手続きシステムのリンク)
e)同上、展示場所の無い個人作品のための仮想アートミュージアム画面
f)同上、3次元空間を有効に使った宝探しゲームなどのイベント対象企画
g)同上、動きの伴う仮想パレードやイベントブースの企画プラン
h)同上、郵便はがきに代わる新たな招待状、仮想自宅、自室への招待、パーツ交換
i)同上、SF映画の自作やゲームの画面展開の検討、遠隔グループでの同時進行

注:( )内は本システムだけで実現するものではありませんが、応用例として提示いたしたものです。

なお、今回発表の製品につきましては、11月26日から28日まで、千葉県幕張メッセで開催される Multimedia'97 Degitalmedia World NECブースにおいて展示いたします。

ダウンロード窓口は下記の通りであります。

http://softplaza.biglobe.ne.jp/ ( BIGLOBEパーソナル販売本部 )

今後の商品展開とビジネス展開及び基本仕様につきましては別紙をご参照下さい。

以 上


(注1)インターネット上のサービスの一つ、マルチメディアによる情報の発信画面のホームページで提供され、Webと省略されることが多い。
(注2)Virtual Reaqlity Modeling Language の略
(注3)サンマイクロシステムズ社が開発したプログラム言語で、ネットワーク上で用いる言語。


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.