[C&C for Human Potential / NEC Corporation]
平成9年12月2日
日本電気株式会社
ヒューレット・パッカード カンパニー

科学技術計算用サーバ分野における提携とスケーラブル・サーバ「TX7シリーズ」の発売について

「TX7/V2200」

「TX7/V2200」

日本電気株式会社(NEC、社長:金子尚志、本社:東京都港区)およびヒューレット・パッカード カンパニー(HP、社長:ルー・プラット、本社:米国カリフォルニア州パロアルト)の両社は、このたび、科学技術計算用サーバ分野における技術提携において合意いたしました。また、NECはHPのUNIX(注1)基本ソフト(OS)である「HP−UX」を搭載した科学技術計算用サーバを製品化し、スケーラブル・サーバ「TX7シリーズ」の名称で本日より販売を開始いたしました。

今回の技術提携の主な内容は以下の通りであります。

(1)HPの64ビット対応のUNIX OSである「HP−UX」に対して、科学技術計算向けハイエンドサーバとしての機能の強化を共同で行う。
(2)科学技術計算用プログラムの開発およびチューニング支援ツールにおいてHPのテクニカル・サーバ用のツールとNECのスーパーコンピュータ「SX−4シリーズ」用のツールとを統合し、両社のシステムを対象に機能強化を共同で行う。

なお両社では今回の提携を契機として、科学技術計算用サーバにおける世界的に著名なアプリケーションソフトウェアの移植や最適化を共同で取り組むことについても検討を行ってまいります。

今回HPとの提携関係の強化を踏まえ、NECが製品化を行ったスケーラブル・サーバ「TX7シリーズ」は、構造解析や機械設計などの科学技術計算に最適な高性能サーバであります。

新製品の主な特長は以下の通りであります。

(1)CPUに世界最高速クラスの最先端64ビットPA−RISC「PA−8000」および「PA−8200」を採用しているため、単一CPUで高速処理が可能となっている。さらにマルチプロセッサ構成では、共有メモリベースの並列処理機能により、高い処理性能が発揮できる。
(2)最大16CPU(中央演算処理装置)まで搭載可能なスカラ・共有メモリ型の科学技術計算用サーバで、最大性能12.8GFLOPS(注2)を実現している。また将来、マルチノードのサポートによりさらなるスケーラビリティ(拡張性)の実現を計画している。
(3)スーパーコンピュータ「SX−4シリーズ」と共通のプログラム開発環境を提供することにより、言語仕様レベルでの親和性の強化と相まって、「SX−4シリーズ」と「TX7シリーズ」が混在する統合科学技術計算環境の構築が容易に可能になる。

「TX7シリーズ」のモデル別の最小構成価格および出荷時期は以下の通りであります。

モデル名標準価格出荷時期
TX7/D280  470万円〜平成9年12月末
TX7/K3701,070万円〜平成9年12月末
TX7/P5901,760万円〜平成9年12月末
TX7/V22003,150万円〜平成9年12月末

NECは新製品において、今後1年間で150システムの販売を見込んでおります。

科学技術計算などを中心としたハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)分野においては、最先端の技術を用いたより高速な計算能力が求められております。特に、国立の研究機関や大学の計算機センターなどでは、ハイエンドのベクトル型を中心としたスーパーコンピュータが今後とも中心的な役割を担っていくものと考えられております。

一方、民間の製造業の研究開発部門・製品開発部門などにおいても、ミドルレンジやエントリレベルのスーパーコンピュータの利用の裾野が飛躍的に拡がっておりますが、高い性能とともに、低価格化や価格性能比の向上が強く求められています。

近年の汎用のマイクロプロセッサの性能は著しく向上しており、例えばHPの最新のPA−8200(200MHz)は、最大性能800MFLOPSと、1〜2世代前のスーパーコンピュータと同じレベルに達しており、さらに今後も継続的な性能向上が見込まれております。また共有メモリ型スーパーコンピュータにおける並列処理も近年急速に発展しております。

NECでは、平成6年11月より、ベクトル・共有メモリ型のスーパーコンピュータ「SX−4シリーズ」の、また平成7年11月より、より低価格化を図ったハイパフォーマンス・コンピューティング・サーバ「SX−4B」の販売を開始いたしました。これらの製品は、共有メモリによる使い易さやCMOS化による優れた価格性能比などにより市場から高い評価を得ており、これまでに合計で107台(11月末現在)の受注実績を有しております。

また本年7月には、主に並列処理研究や特定アプリケーション用に、スカラ・分散共有メモリ型(超並列型)の並列コンピュータ「Cenju−4」の開発および製品化を行っております。

NECが今回発売したスケーラブル・サーバ「TX7シリーズ」は、現行の製品ラインに加え、スカラ・共有メモリ型(SMP型:対称型マルチプロセッサ)のモデルとして製品化されたものであります。NECでは「NEC HPCサーバ・ファミリ」として製品ラインを形成することにより、ハイエンドからエントリレベルまで、ベクトル型やスカラ型が混在しながら浸透しているHPC市場において、ユーザのニーズに適した製品を提供することができるものと考えております。

NECとHPとは、平成7年2月に大型UNIXサーバ分野における提携を結んで以来、主にビジネス(コマーシャル)分野でその提携を拡大してまいりました。また平成9年3月には、HP−UXの次世代対応版の共同開発で提携関係を強化しました。その一方で、NECはHPが平成8年1月に買収したコンベックスコンピュータ社と平成7年11月に、スーパーコンピュータ分野での販売提携を結んでおり、現在もその関係は引き継がれております。

このたびNECでは、HPのマイクロプロセッサやサーバ分野における優れた技術と、NECが「SX−4シリーズ」などで培ってきた、HPC分野でのソフトウェアなどの技術を融合・結集し、将来にわたりお互いに優れた製品を提供していくため、これまでの提携関係をさらに拡充することにしたものであります。

NECは、スーパーコンピュータ「SX−4シリーズ」の継続的強化とともに、スケーラブル・サーバ「TX7シリーズ」を主に、民間製造業や、大学・研究所などにおける構造解析、流体解析、計算化学、機械設計(CAE)、材料設計などの分野に販売していきます。

「TX7シリーズ」の概要につきましては別紙をご参照願います。

以 上


<備考>標準価格には消費税は含まれておりません。

(注1)UNIX:X/Openカンパニーリミテッドが独占的にライセンスしている米国ならびに他の国における登録商標です。
(注2)GFLOPS:1GFLOPSは、浮動小数点演算を1秒間に10億回実行可能な性能です。



個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.