[C&C for Human Potential / NEC Corporation]
平成10年1月21日
日本電気株式会社

地球環境問題解決のための世界最高速のウルトラコンピュータの開発について
〜「地球シミュレータ」用超高速並列計算機の基本設計を受注〜

「地球シミュレータ」イメージ図

「地球シミュレータ」イメージ図

NECではこのたび、科学技術庁が開発を推進している「地球シミュレータ計画(*1)」の一環として、最大性能が32テラFLOPS(1秒間に32兆回の計算速度)以上となる世界最高速のウルトラコンピュータの開発の基本設計を受注いたしました。

「地球シミュレータ」は、地球環境問題の解決や、自然災害に対する対策等への貢献を図るために、コンピュータ上に地球の種々の現象を映し出すいわば「仮想地球」を実現することにより、地球変動プロセスの研究やシミュレーションを行うものであります。

「地球シミュレータ」用超高速並列計算機は、気象・環境分野における在来のスーパーコンピュータの実行速度に比べて、約1000倍高速なウルトラコンピュータであり、平成13(2001)年度完成を目標に開発されるものであります。

「地球シミュレータ」では、地球規模の気候変動の解析・予測や長期間にわたる固体地球変動解明・予測等が可能となり、地球観測衛星からの観測データを積極的に活用しながら、地球温暖化、大気や海洋の汚染、エル・ニーニョ、集中豪雨、ヒョウなどの高精度な予測等による経済社会の持続発展や地球環境問題の解決に貢献すること、さらに地質、地殻変動、地震発生、マントル対流などの現象の解明への貢献が期待されております。

「地球シミュレータ」用超高速並列計算機は、最大性能で32テラFLOPS以上、主記憶容量4テラ(4兆)バイト以上を目標としております。この実現のため、21世紀初頭における最先端のハードウェアテクノロジを用い、現行のスーパーコンピュータの数倍の性能を持つベクトル型のCPUを数千台並列に接続する計画であります。

NECが本基本設計を受注した要因としては、国内外の主要コンピュータメーカに公開された、技術提案書の提出、概念設計の委託契約の締結、概念設計書の総合評価等による結果であります。

NECでは、今回の基本設計の受注は、人類の生存に関わる緊急課題である地球環境問題の解決という我が国で進められている国民・人類への貢献、国際貢献への一助となることを意味し、極めて光栄なことと考えており、全社の総力を挙げて取り組んでいく覚悟であります。またこれを機に、今後一層「SX−4シリーズ(*2)」の拡販を図っていくとともに、最先端の技術開発に従来以上に注力していく所存であります。

以 上


*1 「地球シミュレータ計画」のホームページURL
http://www.sta.go.jp./umi/seaearth/70722.htm
*2 「SX−4シリーズ」のホームページURL
http://www.hpc.comp.nec.co.jp/product/index.html


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.