[C&C for Human Potential / NEC Corporation] search index
平成10年4月22日
日本電気株式会社

デジタルビデオ映像の編集ができるパソコン「CEREB(セレブ) NX」の商品化について

「CEREB NX」

「CEREB NX」

NECはこのたび、デジタル技術により新しい生活スタイルを提案する「CEREB」シリーズの新モデルとして、デジタルビデオで撮影した複数の映像ソースの中から、必要な部分だけをつなぎ合わせて編集することができるパーソナルコンピュータを商品化し、「CEREB NX」の名称で本日から販売活動を開始いたしました。

新商品は、画面切替時の演出やテロップ挿入などを簡単に行うことが可能なノンリニア方式によるデジタルビデオ映像の編集を実現するものであり、画質や音質の劣化を起こさずに編集することができるパソコンであります。

またデジタルビデオ映像の編集に加え、デジタルサウンドの創作、DVDビデオの鑑賞、地上波データ放送やインターネットの閲覧などを実現するデジタル技術の最先端機能も備えており、自宅の一室をそのままホームスタジオやリビングシアターとすることなどが可能な、新しい生活スタイルを創造する商品であります。

具体的な活用シーンとしては、

  1. 従来、複数台のビデオデッキと演出用の専用機器を用い行っていたビデオ編集をデジタルカメラ1台とパソコン1台で実現できるため、旅行・結婚式・運動会で撮影した個人や家族の映像にテロップを入れながらダイジェストシーンとして容易に編集し、保存/再生することができること
  2. プロが作成したものに近い高画質・高音質でオリジナルビデオやオリジナルサウンドを創作することができるため、高品質な作品をコンテストに応募したり仲間同士で楽しむことができること
  3. 地上波データ放送のコンテンツを固定ディスクに保存することにより、オンデマンドで好みの情報を入手することができること、などであります。

新商品の主な特長は次のとおりであります。

「CEREB NX」 「CEREB NX」

1.デジタルビデオの本格的な編集が可能

タイトル・テロップの挿入や演出を加えるとともに、その結果をパソコン画面上で確認しながら、複数の異なった映像ソースの必要な部分をつなぎ合わせて編集を行う「ノンリニア編集」を実現。

これにより、従来のテープを回したり止めたりしながら編集するリニア編集に比べ、高価な演出用専用機器を使用しなくとも、頻繁に演出を加え画面を切り替えるような編集を繰り返し確認・調節しながら行うことが可能。

「ノンリニア編集」を実現するために、デジタル入出力インタフェース(IEEE1394)、高速データ転送が可能なUltra ATA (注1)に対応した16.8GBの大容量固定ディスク、ビデオ編集ソフト「Ulead MediaStudioPro(TM)5.0J Video Edition」 (注2)を搭載。これらにより、前面からDV端子付きデジタルビデオカメラ(注3)を簡単に接続し、約50分の映像データを固定ディスク上に取り込むことが可能なうえ、一連の操作をすべてデジタル処理できるため、画質劣化のない高画質のデジタル編集を実現。

2.DVDの再生や地上波データ放送の受信が可能

家庭用テレビに専用デッキ並みの高画質でDVDビデオの再生ができるように、DVD−ROMドライブ、MPEG2ビデオデコーダ、ビデオ出力機能を搭載。また、DVD光デジタル出力端子を装備しているため、市販のドルビーデジタルデコーダを組み合わせることにより、5.1ch(注4)のドルビーデジタルサラウンドを楽しむことも可能。

さらに、地上波データ放送受信チューナを標準搭載しており、Bitcast (注5)やADAMS (注6)などの地上波データ放送や従来の文字放送を見ること、およびデータとして固定ディスクに保存することによりオンデマンドで好みの情報を入手することが可能。またBitcast のデータはインターネットにリンクしているため、関連するホームページから、さらに詳しい情報を入手することも可能。

3.高音質デジタルサウンドの編集・再生が可能

本格的な曲作りを楽しむために、64音同時発音を実現するXGシンセサイザーや、データの入力/再生、編集、ミキシング機能に加え、鼻歌から作曲することなどが可能なシーケンスソフト「YAMAHA SEQUENCE SOFTWARE XGworks V2.0」(注7)を搭載。

また、デジタル回路で発生するノイズからの影響を低減するために、アナログサウンド回路とデジタルサウンド回路を別の基板に実装。これにより、S/N比(注8)を約15dB改善(当社比)。

さらに、ユーザが創作したサウンドを劣化なくDATやMDに出力することを実現するために、光デジタル端子を搭載。

4.AV機器との調和に配慮

「CEREB NX」 AV機器とも違和感なく組み合わせるために、フロントパネルにアルミ素材を使用した高級感のあるデザインと、標準的なAV機器に合わせた横幅430mm のサイズを採用。 ディスプレイから離れた場所で操作することに配慮し、CD−ROM・DVD−ROM・地上波データ放送を操作するメディアコントローラと、両手で持ったまま操作可能なトラックボール付きワイヤレスキーボードを採用。

新商品の販売目標台数は今後1年間で1万台、出荷開始時期は6月26日であり、標準価格は次のとおりであります。

モデル名CPUメモリHDDワープロ/
表計算ソフト
標準価格
(円)
CE33D/SZ
modelCD2PentiumII

(333MHz)

64MB

(最大384MB)

約16.8GB一太郎Office588,000
modelDD2Word/Excel598,000

近年、家電のデジタル化が進む傾向の中、NECでは、平成9年1月にホーム向けコンピュータとして「CEREB」を商品化し、デジタル技術が実現する新しい生活スタイルをいち早く提案いたしました。

こうした中、デジタルビデオカメラやDVDの普及、地上波データ放送のインフラの整備などに伴い、市場からは、映像・音声などのさまざまなデジタルデータを高画質・高音質を維持したまま自分で容易に編集・再生・保存してみたいという声が高まってまいりました。

NECではこうした市場ニーズに応えるため、IEEE1394インタフェースやMPEG2ビデオデコーダ、地上波データ放送受信チューナなど、さまざまなデジタル情報を取り込む先進技術を装備した商品を発売するものであります。

NECでは今後とも、市場ニーズをいち早く取り入れた商品を提供しパソコン市場をリードしていく考えであります。

以 上


<備考>記載されている価格には消費税は含まれておりません。

■本文中表部の凡例

CPU:
PentiumII・・・Pentium(R)IIプロセッサ(注9)

ワープロ/表計算ソフト:
一太郎Office・・一太郎Office8/R.3(一太郎8、三四郎8、ATOK11、Full Band)プリインストール、一太郎8バリューパックプラス添付(注10)
Word/Excel・・・Microsoft(R) Excel97 & Word98+IME98 & Outlook(TM)97 for Windows(R)プリインストール<Outlook(TM)98添付>Microsoft(R)/Shogakukan Bookshelf(R)Basic添付(注11)

■本文中の注釈

(注1)Ultra ATAは、最大転送速度33Mbytes/secを実現するインタフェース規格
(注2)MediaStudio Proは、Ulead System,Inc.の商標
(注3)動作確認済みDV端子付きビデオ機器は、「インターネット」「パソコン通信」「パソコン情報FAXサービス」にて、最新情報を提供
(注4)5.1chとは、センター、左右フロント、左右リアにスーパーウーハーを加えたスピーカシステム
(注5)YAMAHAは、ヤマハ株式会社の登録商標XGworksは、ヤマハ株式会社の商標
(注6)Bitcast及びビットキャストの名称、ロゴは、株式会社インフォシティの商標
(注7)ADAMS(TV-Asahi Data And MultiMedia Service)は、テレビ朝日データ株式会社によるWebデータを配信するデータ多重放送サービス
(注8)S/N比は、SignalとNoiseの比を対数で表現したものであり、Noiseが1/10になるとS/N比は1dB改善
(注9)Pentiumは、米国Intel Corporationの登録商標
(注10)一太郎、ATOKは、株式会社ジャストシステムの登録商標「一太郎Office8」は、株式会社ジャストシステムの著作物であり、これらにかかる著作権、その他の権利はすべて株式会社ジャストシステムに帰属商標「三四郎」は株式会社エス・エス・ビーの登録商標であり、株式会社ジャストシステムは商標使用許諾を受けています
(注11)Microsoft、Windows、Outlookは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標又は登録商標



個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.