[C&C for Human Potential / NEC Corporation] search index
平成10年9月21日

日本電気株式会社

シンガポールにおける米石油探査会社のスーパーコンピュータ「SX−4」の本格稼働について

〜「SX−5」も受注〜


NECはこのたび、米国の石油探査会社であるベリタスDGC社のシンガポールにおける子会社である、ベリタスDGCアジア・パシフィック社(Veritas  DGC Asia Pacific Ltd.、社長:ティム・ウエルズ、本社:シンガポール)にスーパーコンピュータ「SX−4モデル8A」(最大性能:16ギガフロップス)を納入いたしましたが、本日同社の「データ処理センター」の開所式が行われたと共に、同製品が本格稼働いたしました。

またNECではこのたび、同社から「SX−4」の上位機種である「SX−5モデル6B」(最大性能:48ギガフロップス)も受注し、来年中に納入する予定であります。

今回設置の「SX−4」は、資源探査などの地球物理学的な利用目的では、現在アジア太平洋地域で最強・最高速のスーパーコンピュータであり、複雑で膨大な3次元(3D)地質データを超高速に処理することを可能とするものであります。このためベリタスDGCアジア・パシフィック社では「SX−4」の導入により、人工地震波による石油などの地下資源探査の大幅な時間短縮やコスト低減が可能となるものと考えております。

ベリタスDGCアジア・パシフィック社は、米国ベリタスDGC社のアジア太平洋地域の拠点であり、米国ヒューストンの本社および欧州拠点である英国ロンドンにも「SX−4」がそれぞれ設置されております。これら3台の「SX−4」はすべて高速データ通信網で接続されており、カナダ、オーストラリアの拠点を含むベリタスDGC社の地域データ処理センタから接続が可能となっております。

NECでは、ベリタスDGC社のように世界展開している米国企業の海外子会社にも販路を拡げ、スーパーコンピュータ「SXシリーズ」の拡販に注力しております。

NECは、1983年にスーパーコンピュータを販売開始以来、これまでに全世界で194台の受注実績を上げております。そのうち、現行の「SX−4」につきましては、118台の受注実績となっております。さらに上位機種「SX−5」につきましては、今回の受注を含め7台の受注実績となっております。

以 上



個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.