[C&C for Human Potential / NEC Corporation] search index

「エルゴフィットキーボード(M)」の特長


(1)エルゴノミクスデザイン

パームレストを広く取り、両手を自然に伸ばして、自然な入力姿勢を維持できる人間工学を取り入れたデザインを採用。長時間の日本語入力操作における手首の負担を小さくすることが可能。

(2)ローマ字50音配列

初心者でも覚えやすい、ローマ字50音入力の規則に基づいたキー配列を採用。

(3)リズミカルな日本語入力

日本語特有の発音分類に基づき子音と母音を左右に分離し、子音と母音が交互に出現する日本語の特性を生かしたリズミカルなキー入力が可能。

(4)省打鍵による高速入力

日本語発音の規則性に基づく省打鍵キーを持つことにより、高速な日本語入力が可能になるとともに、入力作業に伴う疲労を減少することができる。

(5)USBインタフェース対応

パソコン本体とはUSBインタフェースで接続。
USBのバスパワードハブ機能を搭載し、キーボード背面にUSBコネクタを2ポート搭載しており、USBに対応したマウスなどを接続できる。

(6)パソコンの標準キーボードとして利用が可能

ファンクションキー表記は「Ctrl」「PageUp」など109日本語キーボードに準拠。特別なソフトウェアを必要とせずに市販のかな漢字変換ソフトを使用して日本語入力が可能。

「ATOK12」の「エルゴフィットキーボード(M)」向け追加機能概要


(1)エルゴフィットキーボードのキー配列を活かす入力方式の追加

「エルゴフィットキーボード(M)」より入力される日本語の発音規則に基づく省略打鍵操作(「うぅ」など)や促音(「っ」など)全てに対応し、ATOK12の入力方式として標準装備。

(2)音読漢字の表音の規則性をベースとした変換用辞書の追加

「エルゴフィットキーボード(M)」から漢字の表音に基づいて入力されたものを適切な漢字に変換するための辞書を開発し、キーボード側に標準添付。上記入力方式選択時にこの辞書を組み合わせることで、本キーボードの省打鍵機能を最大限に発揮できる。


[Copyright(C) NEC Corporation 1994-1998. NEC and C&C are trademarks of NEC Corporation.]