[C&C for Human Potential / NEC Corporation] search index
平成10年9月24日

日本電気株式会社
株式会社ジャストシステム

「ATOK12」との組み合わせにより快適な日本語入力を実現する「エルゴフィットキーボード」の発売について

〜ジャストシステムの日本語変換技術とNECの省打鍵入力技術を融合〜

[PK-KB015]
「PK−KB015」

NECとジャストシステムの両社は、本年2月より「PC98−NXシリーズ」上での最適な日本語入力環境の開発を進めております。このたび、日本語の特性を活かし、キー入力の省略や左右交互打鍵が可能なキーボードを商品化し、「エルゴフィットキーボード(M)」の名称で本日よりNECが販売することにいたしました。これに併せて、ジャストシステムから、新商品の機能を最大限に利用できる最新版日本語変換システム「ATOK12」(注)を一太郎9(注)、花子9に搭載し、明日25日から発売することにいたしました。

新商品は、NECが昭和53年より研究に着手し、昭和58年より順次商品化を行ってきた音読漢字の表音の規則性に基づく省打鍵入力技術と、ジャストシステムが長年にわたって培ってきた、高精度で定評のある、日本語変換システムのノウハウを融合させたものであり、キー操作の習熟度合いに応じて日本語入力時の高速化や入力負担の軽減を図ることが可能となります。

主な特長は次の通りであります。

1.キー入力の省略による高速打鍵

日本語特有の性質として、「すべての漢字の音読みが、広義の子音と母音一対の組み合わせに単純化できる」という規則性を発見し、この規則性に基づいたキーを用意することにより、JIS配列のキーボードに比べて打鍵数の省略が可能。

例えば、「職業」と入力する場合、JIS配列では9打鍵(S Y O K U G Y O U)必要であるが、本キーボードでは4打鍵(Sy Ok Gy Ou)で入力可能。

2.人間工学的な操作性を考慮したデザイン

(1)日本語のローマ字50音入力に基づき、母音キーを左側に、子音キーを右側に分離して配置しており、覚えやすく、また省略打鍵入力との組み合わせで左右交互のリズミカルな入力が可能。

(2)パームレストを広くとり、左右のキーを傾けて配置したことにより、両手を自然に伸ばし手首への負担のかからない入力姿勢を維持可能。

「エルゴフィットキーボード(M)」の販売価格は29,800円(税別)であり、出荷開始時期は9月30日を予定しております。NECでは今後1年間で2万台の販売を見込んでおります。

NECとジャストシステムは、パソコンにおける日本語入力に適した環境整備を目指し、ハードウェア、ソフトウェアの両面から検討を重ねております。その第一弾として、本年2月に「ATOK」を利用してワープロ専用機の日本語入力操作を「PC98−NXシリーズ」上で実現した「日本語ワープロUSBキーボード」を商品化いたしました。

また、明日発売の「一太郎9」においては、カーソルキーによる罫線引きや文字サイズ指定操作など本キーボードとの組み合わせでワープロ専用機特有の入力文化を取り込んでおります。

両社では、親密な協力関係のもと、このたびの新商品のように日本語入力に関する提案を今後とも推進していく所存であります。

新商品の特長は別紙をご参照下さい。

以 上


(注)ATOK、一太郎は株式会社ジャストシステムの登録商標


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.