[C&C for Human Potential / NEC Corporation] search index
平成10年10月27日

日本電気株式会社

科学技術計算用UNIXサーバ「TX7シリーズ」高性能エントリサーバ新製品の発売について

[スケーラブル・サーバ TX7/D390]
「スケーラブル・サーバ TX7/D390」

NECはこのたび、科学技術計算用のUNIX(注)サーバであるスケーラブル・サーバ「TX7シリーズ」において、高性能エントリモデル「TX7/D390」を製品化し、本日より販売活動を開始致しました。

新製品の特長は以下の通りであります。

  1. CPU(中央処理装置)に、高性能の64ビットRISCプロセッサ「PA-8200」の上位バージョン(クロック:240MHz、キャッシュメモリ 4Mバイト)を搭載し、科学技術計算性能の指標のひとつであるSPECfp95で、25.5と従来モデル(TX7/D280)比約47%の性能向上を図っている。

  2. CPUを最大2個搭載することにより対称型マルチプロセッサ構成を可能としていることに加え、I/Oスロットを8個有し、またホットスワップディスクを最大5台まで搭載可能であり、拡張性と信頼性に優れている。

  3. 従来モデルの「TX7/D280」から筐体を交換せずに、アップグレードが可能である。

新製品の基本構成における価格は597万円からであり、出荷時期は平成10年11月中旬を予定しております。
NECでは今回の新製品を、従来からの「TX7シリーズ」6モデルと合わせて、今後3年間で300システムの販売を予定しております。

近年、科学技術計算などを中心としたハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)分野においては、最先端の技術を用いた、より高速な計算能力が求められております。特に高性能・低価格なエントリレベルのサーバは、民間製造業の研究開発部門や製品開発部門などで利用が大きく拡がっております。また、大学や官公庁の研究機関などにおいても、ワークステーションでは実現出来ない拡張性を有した高性能サーバが要求されております。
NECでは、このような市場ニーズに応え新製品を発売することとしたものであります。

今回のエントリモデルの追加は、「TX7シリーズ」をさらに強化するものであり、NECでは今後一層の拡販に全力を挙げてまいります。

新製品の仕様については別紙をご参照ください。

以 上


(備考)標準価格には消費税は含まれておりません。
(注)UNIXは、The Open Groupが独占的にライセンスしている米国ならびに他の国における登録商標です。


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.