[C&C for Human Potential / NEC Corporation] search index
平成11年5月20日

日本電気株式会社

高性能科学技術計算用サーバ「SX−5S」の発売について

〜 スーパーコンピュータクラスの性能を実現 〜

[HPCサーバ「SX−5S」]
HPCサーバ「SX−5S」

NECはこのたび、最大性能が16ギガフロップス(GFLOPS)(注1)と、スーパーコンピュータ並みの高性能を低価格で実現する科学技術計算用サーバを製品化し、「HPCサーバSX−5S」(注2)(以下略称:「SX−5S」)の名称で本日より販売活動を開始いたしました。

新製品は、50システム以上の販売実績を持つ「ハイパフォーマンス・コンピューティング・サーバSX−4B」の後継機種であり、民間企業の研究開発部門や大学・官庁等の研究所各部門での、大規模シミュレーション・流体解析等の科学技術計算での利用に最適な製品であります。

「SX−5S」の主な特長は、以下の通りであります。

1.高い実効性能

CPU当たりの最大性能を4GFLOPSと、「SX−4B」比で約2.2倍に高めている。このCPUを最大4台まで搭載することで、最大性能で16GFLOPSを実現。また、並列処理が容易な共有メモリ方式を採用し、CPU性能のみならず、メモリ性能や入出力性能のバランス向上により、特に民間企業で多く利用されている流通アプリケーション・ソフトウェアで高い実効性能を発揮する。

2.充実したアプリケーションソフトウエア

スーパーコンピュータ「SX−5シリーズ」でサポートしている、構造解析、衝突解析、流体解析、分子科学などの幅広い分野の豊富なアプリケーションソフトウェアの利用が可能。ソフトウェアベンダとの良好な協力関係により、NEC製はもとより、世界中で利用されている著名なアプリケーションが、「SX−5S」向けにチューンアップされ提供されるため、幅広い用途での利用と効率的なシステム導入が可能。

3.実績豊富な信頼のソフトウェア

OS(基本ソフトウェア)として、スーパーコンピュータ「SX−3シリーズ」から提供している、64ビットのUNIX(注3)に入出力機能や運用機能などを大幅に強化した「SUPER−UX(スパー・ユーエックス)」を搭載している。約10年間にわたる約200システムの豊富な実績を持ち、高い安定性と信頼性を実現している。

新製品の販売価格は、最小構成のレンタル月額で約180万円からであり、本年9月末から出荷を開始する予定であります。

NECでは、今後3年間で、80システム(海外を含む)の販売を見込んでおります。

近年、科学技術計算用コンピュータの領域においても、低価格化、高性能化を求める声が高まっており、また、民間企業はもとより、大学や官庁研究所などにおいても、各部門、学部、研究室単位などの部門単位で設置でき、少数のユーザーが占有して利用できる、小型で経済的で高性能なサーバを導入したいという分散化の流れが急速に進んでおります。

特に、自動車、電機・機械、建設・土木、化学・材料などの多くの民間製造業においては、バブル崩壊後の厳しい経済環境やグローバルな競争の激化、環境問題への対応の必要化などの中で、製品開発コストや製造設備コストの削減、開発期間の一層の短縮化、高付加価値化や環境に配慮した製品の開発などの対応を迫られております。

NECでは、新製品をこのような市場ニーズに応えて、従来の「SX−4B」に大幅な性能強化を図り、価格性能比を向上させた小型・低価格な高性能サーバとして製品化したものであります。

「HPCサーバSX−5S」は、既に30システムの受注実績を持つスーパーコンピュータ「SX−5シリーズ」で培ったベクトル技術や並列処理技術を採用したベクトル型の高性能サーバで、特に大規模シミュレーションや流体解析などに適しており、小規模シミュレーションや構造解析などに適したスカラ型の高性能サーバ「スケーラブル・サーバTX7シリーズ」と合わせて、適材適所での販売をしていく計画であります。

新製品の主な仕様については別紙をご参照下さい。

以 上


(備考) 販売価格に消費税は含まれておりません。
(注1) GFLOPS:毎秒10億回の浮動小数点演算性能。
(注2) HPC:High Performance Computingの略。
(注3) UNIX:The Open Groupの登録商標。


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.