[C&C for Human Potential / NEC Corporation] search index
平成11年6月8日

日本電気株式会社

オフィスサーバ資産を活用した中小規模企業の業務システム構築に最適な「Express5800/600シリーズ」エントリモデルの発売について

[Express5800/610AD]
「Express5800/610AD」

 NECはこのたび、オフィスサーバのソフト資産を活用した基幹業務システム構築を実現する高性能サーバ「Express5800/600シリーズ」において、中小規模企業向けのエントリモデルを製品化し、「Express5800/610AD」の名称で本日より販売活動を開始いたしました。
 新製品は、小規模業務システムでの利用に適したスタンドアロンタイプに加え「Express5800/600シリーズ」で構築された中小規模企業の基幹業務システムに適したクライアントタイプを提供し、幅広い用途でオフィスサーバ資産を活用した業務システムを実現するものであります。

新製品の主な特長は次の通りであります。

1.利用形態に合わせたミドルウェアを標準搭載した2タイプを提供
オフィスサーバのソフト資産を活用した、中小規模企業の基幹業務システムの構築が可能なミドルウェア「A−VX」を搭載したスタンドアロンタイプ、「WindowsNTWorkstaion4.0」(注1)の優れたGUIを利用してサーバである「Express5800/600シリーズ」の業務ソフトをクライアントから操作可能とする通信ソフト「PC/WSエミュレータ」を搭載したクライアントタイプ、の2タイプを提供していることにより、小規模業務システムや基幹業務システムのクライアントなど、利用形態に合わせたシステムの構築が容易である。

2.優れた価格性能比を実現
CPUに米国インテル社の「Pentiumプロセッサ(450MHz)」(注2)を採用し、標準で8GBの大容量ディスクを搭載しながら、最小構成価格が37万2千円(クライアントタイプ)と低価格を実現していること、 コンパクトなマイクロタワー筐体の採用(従来比:体積60%、設置面積75%)や、15インチ液晶ディスプレイの提供により省スペースでの利用が可能であることから、省スペースで価格性能比に優れた小規模オフィスの業務システムや窓口業務端末としての利用に適している。

3.オフィスサーバ資産を活用した小規模業務システムの構築が可能
年商10億円以下の中小規模企業向けに販売されてきたオフィスサーバの業務ソフトやデータが、そのまま動作すること、「WindowsNTWorkstation4.0」で動作する市販ソフトを利用できること、さらにオフィスサーバと操作の同一性を実現する「A−VXキーボード」(オプション)を提供していることなどにより、オフィスサーバ資産や市販ソフトを活用した小規模業務システムの構築が可能である。

新製品の最小構成における標準価格と出荷時期は次の通りであります。
NECでは新製品において今後1年間に3,000台の販売を見込んでおります。

モデル名 標準価格 出荷開始時期
Express5800/610AD クライアントタイプ 37万2千円 平成11年6月30日
スタンドアロンタイプ 57万円 平成11年6月30日

 また、NECでは、新製品の発売に併せて、「Express5800/600シリーズ」全モデルで動作するミドルウェア「A−VX」に、基幹業務システムの構築に不可欠な運用性/信頼性を向上させる新機能として、

  1. LANで接続された複数のクライアントの利用環境をサーバから自動的にセットアップすることが可能な「リモートセットアップ機能」
  2. 業務システムの運用中にソフトウェアの修正情報の適用や、システムのハードウェア構成の変更を可能とする「A−VX運用支援機能」
  3. 記憶容量が25GBの大容量バックアップ装置「AIT装置」(注3)を利用可能とするバックアップユーティリティ「#BKUP」
を搭載した「A−VX(R3.0)」を本年6月30日より出荷開始いたします。

 「Express5800/600シリーズ」は、オフィスサーバ機能を継承しながらWindowsNTソフトを活用した基幹業務システムの構築が可能であること、価格性能比が優れていることなどから、幅広いユーザから好評を得ております。
 特にオフィスサーバのソフト資産を持つ中小規模企業ユーザからは、スタンドアロンタイプでの小規模業務システムや、「WindowsNTWorkstation4.0」対応の市販ソフトを活用したシステム、サーバとの接続や導入が容易なクライアントでの活用等企業規模や業務内容に応じた幅広い用途に適した、設置性に優れた高性能なエントリモデルが求められております。また、本年4月1日より施行されたパソコン税制(注4)を活用したいというニーズも高まってきております。
 NECでは、これらのような市場ニーズに対応するため、「Express5800/600 シリーズ」において、エントリモデルの提供を中心とする強化を実現したものであり、今後もオフィスサーバ資産を活用したオープンシステムへの移行や、業務の規模/形態に合わせたシステムの構築などが可能な高性能サーバ「Express5800/600シリーズ」の積極的な販売活動を展開する予定であります。

なお、新製品の仕様については別紙をご参照ください。

以 上


(備考)価格には消費税は含まれておりません。
(注1) WindowsNT Workstation4.0の正式名称は、Microsoft WindowsNT Workstation Networking Operating System Version 4.0。
MicrosoftおよびWindowsNTは米国マイクロソフト社の登録商標。
(注2) Pentiumは米国インテル社の登録商標。
(注3) AIT(Advanced Intelligent Tape)はソニー株式会社の商標。
(注4) 「特定情報通信機器の即時償却制度」
百万円未満の情報機器の購入に対して一括減価償却が認められる減税対策で、平成11年4月1日から平成12年3月31日まで適用される。
適用の可否は基本的にユーザの経理処理に依存するので、個々の適用可否については、最終的にはユーザにおいて税理士・税務当局等に確認いただく必要があります。


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.