ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ホーム > 製品 > NEC製品セキュリティ情報 > セキュリティ情報 > 2003年 > NV03-002
ページ共通メニューここまで。

掲載番号:NV03-002
脆弱性情報識別番号:VU#528719

Session Initiation Protocol (SIP) の実装に複数の脆弱性

概要

Voice over IP (VoIP)、インターネット電話、インスタントメッセージングなどの様々なアプリケーションでのセッション制御を目的としているプロトコル SIP(Session Initiation Protocol) の実装に、SIP パケットを適切に処理できない場合のあることが確認されました。
脆弱性は、不当なアクセス、サービス運用妨害(DoS: Denial of Service)攻撃、システムの動作不安定を引き起こす可能性があります。

対象製品

EWS/UP 48 シリーズ OS

影響の有無

なし

対処方法

--

IXルータ IX1000/2000/5000シリーズ

影響の有無

なし

対処方法

--

CX6820 Call Service Server Series (CA/SS/MD) V2.2

影響の有無

なし

対処方法

--

CX7620-VG Media Server

影響の有無

なし

対処方法

--

IParty SV20 (Ver 3.3.6 and later) Call Service Server

影響の有無

なし

対処方法

--

参考情報

更新情報

2007/11/14
ページをリニューアル。
JVNのリンクを更新しました。
2005/10/01
ページをリニューアル。
Copyright NEC Corporation. All rights reserved.