ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ホーム > 製品 > NEC製品セキュリティ情報 > セキュリティ情報 > 2005年 > NV05-030
ページ共通メニューここまで。

掲載番号:NV05-030
脆弱性情報識別番号:VU#574662

VERITAS NetBackup が使用する共有ライブラリにバッファオーバーフローの脆弱性

概要

VERITAS NetBackup サーバーで実行される VERITAS NetBackup vmd(Volume Manager Daemon)および、クライアントが使用する共有ライブラリにバッファ・オーバーフローの脆弱性が存在します。 悪質な攻撃者がこのオーバーフローの条件を悪用すると、サービス拒否によるバックアップ・システムの障害が発生したり、標的のシステム上で昇格された権限により任意のコードが実行される可能性があります。

下記の技術情報を参照してください。
・技術情報
http://seer.support.veritas.com/docs/279553.htm

対象製品

VERITAS NetBackup Enterprise Server v5.0/v5.1

VERITAS NetBackup Server v5.0/v5.1

参考情報

更新情報

2007/11/14
ページをリニューアル。
2005/11/16
新規登録しました。
Copyright NEC Corporation. All rights reserved.