本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューを呼び飛ばす
サイト内共通メニューここまで

ここから本文です

ホーム > 製品 > ソフトウェア > ACOS2
セキュリティ情報

i-PX7300には下記のマイクロソフトセキュリティパッチを適用します。
(iPackageサーバ機構に関してはお客様の判断による適用となっております)


■2003年12月16日
 下記セキュリティパッチの内容については、ネットワークセキュリティが正しく運用・管理されていれば、外部から攻撃されることはありません。
 ただし、内部ネットワークからの攻撃等、万が一の事を考えまして、i-PX7300にセキュリティパッチを適用し、セキュリティホールを塞ぎます。
  MS03−049
  MS03−043
■2003年9月17日
 下記セキュリティパッチの内容については、ネットワークセキュリティが正しく運用・管理されていれば、外部から攻撃されることはありません。
 ただし、内部ネットワークからの攻撃等、万が一の事を考えまして、i-PX7300にセキュリティパッチを適用し、セキュリティホールを塞ぎます。
  MS03−039

■2003年8月1日
 下記セキュリティパッチの内容については、i-PX7300のパスワード管理、ネットワークセキュリティが正しく運用・管理されていれば、外部から攻撃されることはありません。
 ただし、万が一の事を考えまして、i-PX7300にセキュリティパッチを適用し、セキュリティホールを塞ぎます。
  MS03−024
  MS03−026

MS01−026
MS01−033

上記セキュリティパッチ適用以降は、i-PX7300に対する新たに重要な問題を引き起こす可能性のあるウィルス・ワームおよびセキュリティホールは見つかっておりません。
i-PX7300にとって問題となるものが見つかればこのページで報告いたします。


 


ページの終わりです
ページの先頭へ戻る