ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > 製品 > ソフトウェア > Proofpoint
ページ共通メニューここまで。

統合型メールセキュリティ Proofpoint

概要

Proofpoint Protection Serverは、外部から送信されてくるメールに対してはスパム対策・ウイルス対策・標的型攻撃メール対策で防御し、内部から送信するメールに対してはフィルタリング・誤送信防止・暗号化により情報漏えいトラブルを防止する、統合メールセキュリティ製品です。


スパム対策・標的型攻撃メール対策

レピュテーションと自動機械学習技術(MLX)によるスパム対策機能を搭載。管理者によるチューニングは不要で、従来型の迷惑メールは勿論、最新のスパムメールや標的型攻撃メールも検出可能です。


ウイルス対策

メールに含まれるウィルスを検知し、削除や隔離が可能です。ウイルス検知エンジンはMcAfeeとF-Secureから選択できます。未知のウィルスへの対策(ゼロアワー対策)も可能です。


フィルタリング・誤送信防止

  • あらかじめ設定したルールに従っていないメールの送信をストップします。不適切なメールの流通などを防止できます。
  • メール送信を一時保留します。保留中は送信のキャンセル取り消しが可能なので、「うっかりミス」による送信ミスを減らせます。
  • 社内で送信されるメールの頻度や内容を監視します。通常のメールと大きく異なる送信パターンのメールを抑止することで、悪意のある利用者やウイルス感染による不当メールの流通を防止可能です。

暗号化

  • 送信メールを管理者が設定したルールに従って自動的に暗号化可能です。
  • 暗号化して送信したメールの開封状態を送信者が確認でき、暗号鍵の無効化も宛先単位で可能なため、宛先を誤って送信してしまったメールであっても、相手が開封する前であればメールの無効化(送信済み・閲覧前メールの取り消し)が可能です。

最新情報 一覧

2013年1月15日
製品体系・価格および動作環境の情報を更新しました。
2011年11月08日
Proofpoint Protection Serverの製品ページを開設しました。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ・資料請求
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。
イベント・セミナー
NECが主催するイベント・セミナー情報はこちら。
Copyright NEC Corporation. All rights reserved.